「ミエルカSEO」で自社メディアの特徴を学習したSEOコンテンツの見出しを自動生成

Faber Company、ターゲットに響く独自性の高い見出しを生成、効果的なSEO対策を実現

Webマーケティング支援のFaber Company(ファベルカンパニー)は、SEO(検索エンジン最適化)プラットフォーム「ミエルカSEO」で、新たに各メディアに特化したSEOコンテンツの見出しを自動生成するAI(人工知能)機能の提供を始めたと5月21日に発表した。自社メディアの特徴や内容を学習し、完全オーダーメイドのモデルを構築することでターゲットに響く独自性の高い見出しを生成する。

SEOのノウハウを詰め込んだAIチャット機能と併せて使い、狙いたいキーワードと読者の層を指定するだけで、タイトルから見出しまで全て自動で生成する。タイトルを自動で生成するテンプレートを選び、狙っているキーワードと読者の属性を入れると自動でおすすめのタイトル案を10個提示する。ペルソナ(人物像)を自動で生成するテンプレートや、記事テーマのリサーチ、CVR(顧客転換率)改善に使えるテンプレートなども用意する。

自社のメディアを学習したモデルごとに最適な見出しを生成

生成した見出しや、作成したコンテンツを専属のカスタマーサクセスにチェック依頼を出すことも可能。学習に利用されない設計なので、個人情報をうっかり入力して第三者サービスに送信してしまうリスクを最大限に防ぎつつ、量産型コンテンツとは一線を画す質の高い見出しを実現する。各メディアの特性に合わせた見出しを生成することによって、より効果的なSEO対策を実現し、ユーザーのコンバージョン率向上を目指す。

テンプレートを選んで、キーワードをなどを入れるだけ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]