YouTubeがショッピングのストアで「BASE」の利用可能に、動画に商品をタグ付け

BASEで作成したネットストアを自身のYouTubeにチャンネルにリンクして商品を掲載

YouTubeは、ネットショップ作成サービス「BASE」と提携し、「YouTubeショッピング」の資格要件を満たしたクリエイターがBASEで作成したネットストアをYouTubeにリンクできるようになったと日本版公式ブログで5月21日に公表した。ストアをリンクしているクリエイターは、ストアの商品をYouTubeで管理し、自身のチャンネルのさまざまななところに商品を掲載したり、動画に商品をタグ付けをしたりできる。

リアルタイムで在庫確認できるBASEの機能を利用すれば、在庫切れの心配もない。設定は「YouTube Studio」の「ショッピング」タブからできる。BASE代表取締役CEOの鶴岡裕太氏は「BASEはショップオーナーが大事にされている世界観を表現できることが魅力だ。人数の少ないチームでも販促を強化できる機能開発に継続的に取り組んでおり、『YouTubeショッピング』との提携が実現した」とコメントしている。

2022年7月にはECプラットフォーム「Shopify」と提携し、クリエイターや企業がYouTubeチャンネルやコンテンツで商品を紹介できるようにしていた。YouTubeではショッピングコンテンツが伸びおり、2023年にショッピング関連の動画が300億時間以上再生された。同年に購入判断に役立つ内容のYouTube動画(長尺動画、ショート動画、ライブ配信を含む)の視聴時間は25%以上増加している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]