【2024年1月】1カ月のスマホ代、平均4,476円で底打ち反転。平均データ通信量は11.08GB【MM総研調べ】

スマートフォンの購入金額は平均74,336円。中高価格帯が人気で上昇傾向。

MM総研は、2024年1月の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」に関する調査を実施した。

2024年1月のスマホ月額料金は「平均4,476円」で159円増加

携帯電話の平均月額利用料金

まず、携帯電話の月額利用料金を聞くと、スマートフォン利用者全体では平均4,476円で、2023年7月の調査から159円増となった。また、MNO4ブランド利用者では5,210円、楽天モバイルを除くMNOのフィーチャーフォン利用者では2,575円、サブブランド利用者では3,226円、MVNO利用者では2,001円となった。

端末の割引前購入金額

端末の割引前購入金額は、スマートフォン利用者全体では74,336円で、2023年7月の調査から3,998円増加した。MNO4ブランド利用者では79,906円(前回調査比4,348円増)、サブブランド利用者は63,927円(同3,359円増)、MVNO利用者は56,869円(同2,873円増)と増加傾向にあった。一方で、MNOのフィーチャーフォン利用者は21,360円と、前回調査よりも1,235円の減少となった。

月間データ通信量は平均11.08GB、利用時間は1,215分/週

スマートフォン利用者の月間データ通信量

スマートフォン利用者の月間データ通信量は平均で11.08GB、中央値は3GBとなった。携帯キャリア別に見ると、MNO4ブランド利用者では平均13.11GB、サブブランド利用者では6.28GB、MVNO利用者では5.67GBと差があった。

スマートフォンの通話時間

また、1週間の通話時間を見ると、MNO4社では40.6分、サブブランドでは33.3分、MVNOでは19.8分となった。特にMVNOでは「IP電話・アプリ電話」の割合が高かった。

スマートフォン利用時間

スマートフォンの平均利用時間は、1週間あたり1,215分(20時間15分)という結果に。携帯キャリア別にみると、MNO4社では1,280分、サブブランドでは1,128分、MVNOでは1,071分にのぼった。

調査概要

  • 【調査対象】15~69歳の男女
  • 【回答件数】プレ調査24,414人/本調査1,593人
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査時期】2024年1月
  • 【携帯キャリアのブランド定義】
    MNO4ブランド:NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク、楽天モバイル ※楽天モバイルは2022年7月調査以降はMNOのみ、2021年12月以前はMVNOを含む
    サブブランド:ワイモバイル(ソフトバンク)、UQモバイル(KDDI)
    MVNO:MNO4ブランド及びサブブランド以外 
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]