日本・英国・米国・インドで「ChatGPT」の認知度に開き、日本は「使ってないけど語りたい」人が多い?【GfK調べ】

「ChatGPT」の認知度、世代別調査では日本はZ世代が69%、X世代が63%と他世代を上回る。

GfK Japanは、「ChatGPTをはじめとした生成AI」に関する調査結果を発表した。ChatGPTの認知度やAIが及ぼす仕事への影響などについて、日本・英国・米国・インドの4か国で各500人以上が回答している。

ChatGPTの認知、他3国より日本はかなり低い

まずChatGPTの認知率では、日本は62%で4か国のうちもっとも低かった。以下、米国83%、英国89%、インド95%でかなりの差が出ている。ビジネスパーソンに限っても、日本は67%しかChatGPTを認知しておらず、米国90%、英国92%、インド96%と大きな開きがあった。

世代別では、日本では「Z世代(24歳以下)」69%と「X世代(42~56歳)」63%が他の世代より高かったが、他国では「ミレニアル世代(24~41歳)」が米国85%、英国90%、インド96%ともっとも高かった。

実際の利用状況とその目的を聞くと、日本は「使ったことがない」という回答が67%を占め、そもそも利用していないのに話題にだけなっている状況。他国で「使ったことがない」は3割未満にとどまり、インドは5%という定率だ。

利用目的では、日本は「遊び目的」が最多だが、他国は「学習目的」が上回る。英国・米国は僅差だが特にインドは「学習目的」が突出しており、ChatGPTへの熱がうかがえる。

一方「AIは仕事の脅威になるか?」を問うと、米国・英国・インドにおいては「脅威となる可能性がある」に賛同した人は7割前後だが、日本は約4割にとどまる。

また「ChatGPTは人間同様に間違えるか?」を聞くと、米国・英国・インドでは30%近くが「ChatGPTも間違える」と賛同した一方、日本は14%にとどまるなど実際に利用率が高い国と認識の差が目立った。

調査概要

  • 【調査対象】日本、英国、米国、インドの一般消費者男女16~99歳
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年11月29日~12月8日
  • 【有効回答数】日本557名、インド551名、アメリカ558名、イギリス539名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]