吉野家が「東京工場」に太陽光発電設備を設置、完全自家消費で稼働、サニックスが工事

玉ねぎ端材をASTRA FOOD PLANが食用パウダー化して利用するアップサイクルも実証実験

吉野家ホールディングスは、「吉野家東京工場」(埼玉県加須市)の屋上に太陽光発電設備を設置したと10月5日に発表し、工事を請け負ったサニックスも9月から完全自家消費で稼働していると10月26日に発表した。システム総容量は399.6キロワットで、太陽光発電設備で発生する全ての電力を消費、循環することで、CO2排出量を年間195トン削減する。製造棟屋根裏の温度は約10度、室内側天井付近の温度は約3度低減する見込み。

太陽光発電設備を設置した東京工場

東京工場は環境負荷低減に取り組んでおり、再生可能エネルギーの利用はその一環。牛丼用の牛肉や玉ねぎを製造する東京工場では、廃棄していた規格外の玉ねぎ端材を乾燥処理して食用パウダーとして利用するアップサイクルも実証実験中。フードテックベンチャーのASTRA FOOD PLANが開発した乾燥・殺菌装置「過熱蒸煎機」で処理する。2024年2月以降に機械を工場に導入して、玉ねぎの芯を取り除く加工から粉末化まで行う予定。

玉ねぎ加工の様子
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]