Appierがカスタマージャーニー分析プラットフォーム展開の米国Woopraの子会社化を完了

統合によってAIを活用した次世代のCDPを構築、将来の顧客行動予測を可能にするAI実装

AI(人工知能)を利用した販売促進サービス事業のAppier Group(エイピア)は、カスタマージャーニー(顧客の購買までのプロセス)分析プラットフォームなどを展開する米国Woopraの買収が完了し、完全子会社にした、と10月12日発表した。エイピアはWoopraとの統合によって、AIを活用した次世代のCDP(カスタマーデータプラットフォーム)を構築する。

エイピアは、AI活用ソリューションにWoopraが強みとする分析・データ可視化を加える。Woopraは欧米で幅広い顧客基盤を持ち、カスタマージャーニー分析、プロダクト分析、マーケティングオートメーション、データ管理のSaaSプラットフォームを提供。エイピアはこれらを自社ソリューションと統合することで顧客・製品分析市場で存在感を高める。

次世代CDPは、将来の顧客行動予測を可能にするAIを実装したCDP。ファーストパーティデータ(自社の顧客・ウェブサイト訪問者から収集した情報)を利用し、AI技術を生かしてユーザー目線でデータを可視化。ユーザーの行動を正確に予測し、機械学習の自動モデル構築によってユーザー獲得とエンゲージメント(愛着心)戦略を効果的に実現するという。

AIを活用した次世代カスタマーデータプラットフォームのイメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]