ファーストパーティデータ とは 意味/解説/説明

用語「ファーストパーティデータ」が使われている記事の一覧

全 12 記事中 1 ~ 12 を表示中

アドビが次世代「Real-Time CDP」発表、許諾済みファーストパーティデータで顧客獲得推進

サードパーティクッキーに依存せずにパーソナライズした顧客体験をリアルタイムで提供
小島昇(Web担編集部)2021/4/30 7:01350

オプトが「LINE Conversion API」をデータ活用プラットフォーム「ONE's Data」で提供

ONE's Dataで「Facebook」「Google」「LINE」のファーストパーティデータ活用が可能に
小島昇(Web担編集部)2022/12/16 7:02130

CCCマーケティングがTableauで顧客規模をビジュアライズするセグメントパネルを構築

自由にデータを組み合わせて事業やサービスに沿った1億3000万通りのセグメントを可視化
小島昇(Web担編集部)2021/11/9 7:03230

TealiumがMetaやGoogle、TikTokなどと提携、企業向けの広告コンバージョン戦略を強化

各プラットフォームの「コンバージョンAPI」開発、オムニチャネル広告の効果が向上
小島昇(Web担編集部)2023/8/21 7:02151

The Trade Deskがクロスチャネル対応の広告配信プラットフォーム「Solimar」を提供

自社のファーストパーティデータ活用で取り込みを簡素化、精度の高い広告配信を実現
小島昇(Web担編集部)2021/7/9 7:03540

CCIがデータマーケティング「Data Dig」でデータクリーンルーム「Syncly」を開始

企業が持つファーストパーティデータを他の企業とのデータコラボレーションで補完
山川 健(Web担 編集部)2023/6/21 7:01110

ファーストパーティデータ活用でサイト内外の一貫したCX実現の「KARTE Signals」提供開始

プレイド、広告に触れる顧客の体験向上と広告配信の最適化が可能、「KARTE」の技術を拡張
山川 健(Web担 編集部)2022/2/3 7:02160

CXソリューション「KARTE Signals」が「Google広告」APIの「カスタマーマッチ機能」を活用

プレイド、ファーストパーティデータ連携の自動化で効率化が可能、オンライン広告を最適化
山川 健(Web担 編集部)2022/6/28 7:00140

CCIが「Data Dig」でデータマーケティング特化のデータ統合支援・活用サービスを開始

顧客データ(ファーストパーティデータ)収集・統合から施策立案・実行まで一括サポート
山川 健(Web担 編集部)2023/7/13 7:01111

プレイドのCXソリューション「KARTE Signals」が「LINE公式アカウント」との連携開始

「LINE広告」で活用可能に、企業のファーストパーティデータを基に効率的に広告を配信
山川 健(Web担 編集部)2022/8/31 7:00290

オプトが統合データ活用「ONE's Data」でGoogleが提供する「拡張コンバージョンAPI」に対応

Cookieレスに備えるソリューション、ファーストパーティデータをマーケティングに有効利用
山川 健(Web担 編集部)2021/10/26 7:01140

Appierがカスタマージャーニー分析プラットフォーム展開の米国Woopraの子会社化を完了

統合によってAIを活用した次世代のCDPを構築、将来の顧客行動予測を可能にするAI実装
山川 健(Web担 編集部)2022/10/13 7:02130
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]