CCIがデータマーケティング「Data Dig」でデータクリーンルーム「Syncly」を開始

企業が持つファーストパーティデータを他の企業とのデータコラボレーションで補完

電通グループ傘下のインターネット広告事業、CARTA HOLDINGSの子会社でデジタルマーケティング事業のCARTA COMMUNICATIONS(CCI)は、データマーケティングサービス「Data Dig」で、データクリーンルームサービス「Syncly(シンクリー)」を始める、と6月20日発表した。企業が持つファーストパーティデータを他の企業とのデータコラボレーションで補完する。

「Syncly」のサービス提供価値

データクリーンルームは、個人を特定しない形でウェブの行動履歴や購買データをつなぎ合わせてデジタルマーケティングを実現するデータ基盤。ファーストパーティデータは企業が自社サイト訪問者から集めた情報。プライバシー保護意識の高まりを受け、データプライバシーに配慮したデータクリーンルーム技術が注目されていることをから、Synclyを展開する。

Synclyは、異なる企業間のファーストパーティデータをプライバシーに配慮した状態で突き合わせるマーケティング施策特化型のデータクリーンルームサービス。広告プランニングやマーケティング支援も提供する。既に構築したデータ基盤と連携したデータ利活用や、データコラボレーションでの顧客理解度の向上による新たなターゲットの発見などが可能になる。

「Syncly」で採用している暗号化技術を用いたプライバシー保護の概要
「Syncly」でできるマーケティング施策
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]