TealiumがMetaやGoogle、TikTokなどと提携、企業向けの広告コンバージョン戦略を強化

各プラットフォームの「コンバージョンAPI」開発、オムニチャネル広告の効果が向上

CDP(顧客データ基盤)を提供している米国Tealium(ティーリアム)は、Meta、Snap、TikTok、Twitter(現「X」)、Pinterest、Spotify、Googleなど世界を代表するメディア・プレーヤーと提携した、と7月25日(現地時間)発表し、ティーリアムジャパンが日本語訳を8月16日に公表した。各メディアプラットフォーム向けに、自社顧客データによる「ファーストパーティデータ アクティベーション(有効化)機能」の提供を新たに始める。

Tealiumの顧客データ活用ソリューションと、各メディアプラットフォームの「コンバージョンAPI(CAPI)機能」を統合する。各メディアを利用している企業やブランドは、より効果的に顧客のシグナルを復元して、顧客とのより良い接点を持つことができる。CAPIソリューションは広告の費用対効果を25%改善し、広告コンバージョンの可視性を35%向上させることが期待できるとしている。

プライバシー規制とデバイス制限、サードパーティクッキー廃止で、既存顧客の維持と成長には追跡精度の改善やコンプライアンス(法令順守)が必要不可欠になった。Tealiumのアクティベーション機能は、パッケージ化した統合機能で優れたパフォーマンスをオムニチャンネル広告で達成し、同意管理ソリューションで広告とマーケティング戦略を適切に測定する。新たなCAPIコネクタの開発によって広告の費用対効果をさらに改善する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]