コンテンツマーケティングツール「TRENDEMON」とCRMシステム「HubSpot」の連携を開始

TRENDEMON JAPANと100が提携、HubSpot上の独自セグメントベースで分析・可視化が可能

コンテンツマーケティングソリューション事業のイスラエルTRENDEMON(トレンデーモン)の日本法人、TRENDEMON JAPANは、同社のコンテンツマーケティングツール「TRENDEMON」と、米国HubSpot(ハブスポット)のCRM(顧客関係管理)システム「HubSpot」の連携サービスを始める、と9月8日発表した。HubSpotの導入・運用サービスを手掛ける100(ハンドレッド)と業務提携して展開する。

TRENDEMONとHubSpotの連携サービスは日本で初めて。100は、HubSpotの運用実績が多くあり、知見・ノウハウを持つ。HubSpotとTRENDEMONとのAPI連携によってHubSpot利用企業は、アノニマスユーザー(匿名)からリード(見込み客)獲得後のMQL(マーケティング活動で得た見込み客)、SQL(営業活動での見込み客)などHubSpot上の独自セグメントベースで分析、可視化、施策が可能になる。

HubSpotとTRENDEMONを導入することで、オウンドメディアのコンテンツ分析ができ、コンバージョン(最終成果)につながったコンテンツのパスが分かる。そのパスに沿ってコンテンツのレコメンドが出力可能になり、パーソナライズしたポップアップバナーも出せる。アノニマスユーザーへの施策も実現。米国ではTRENDEMONとHubSpotの連携で有効リード獲得効率が改善しているという。

TRENDEMON内のダッシュボード
HubSpot内のセグメントデータベースでユーザーごとの カスタマージャーニーをセッション超えて可視化
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]