ライブコマース利用経験は1割強、購入した配信は「YouTube」「Instagram」「LINE LIVE」【MMD研調べ】

ライブコマース視聴後、購入者の約5割は「ECサイト」約4割は「実店舗」で商品を購入。
よろしければこちらもご覧ください

MMD研究所は、ライブコマース視聴経験者・視聴検討者500人(予備調査5,000人)を対象に、「ライブコマースに関する利用実態調査」を実施した。

ライブコマースの利用経験は12.7%、認知は43.2%

まず5,000人に「ライブコマース」の認知・利用状況について聞くと、「まったく知らない」56.8%が最多で、「言葉は聞いたことがあるが、利用方法や内容はよく知らない」14.8%、「だいたいどんなものか分かるが、視聴したことはない」12.9%、「視聴したが購入したことはない」6.9%、「視聴し購入したことがある」5.8%などとなった。利用経験者は計12.7%と算出される。


ライブコマースでの購入経験者290人に、「商品をどのように購入したか」を聞くと、「配信画面からすぐにアクセスできるECサイト」48.6%が最多で、「他サイトとも比較し、価格が安いECサイト」47.6%、「実店舗」41.0%が上位だった。

男女別では、男性(n=135)は「他サイトとも比較し、価格が安いECサイトで購入」57.0%が最多だったが、女性(n=155)は「配信画面からすぐにアクセスできるECサイトで購入」45.8%が最多で、微妙に差異が生じている。


ライブコマースの利用メディア、トップは「YouTubeのライブ配信」

ライブコマースを認知していた2,159人に、「今後ライブコマースを利用したいか」を聞くと、「利用したい」8.2%、「やや利用したい」14.9%で、それほど高くはない。ただし年代別では、20代(n=512)で29.9%、10代(n=88)で29.5%などとなっており、今後の普及の可能性は高い。


そこで、ライブコマース視聴経験者413人に、商品購入につながった配信メディアについて聞くと、「YouTubeのライブ配信」25.7%が最多で、「Instagramのライブ配信」19.1%、「LINE LIVEのライブ配信」14.3%がそれに続いた。ライブコマースメディアの人気の目安となるだろう。


調査概要

  • 【調査対象】予備調査:18歳~59歳の男女、本調査:ライブコマース視聴経験者または視聴検討者
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2021年4月16日~18日
  • 【有効回答数】予備調査5,000人、本調査500人
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]