ライブ配信サービス、認知トップは「ニコ生」だが利用は「YouTube Live」が断トツ1位【MMD研調べ】

ニコ生は過半数が認知はしているが、利用率は10%前後。YouTube Liveは認知・利用とも約4割。

MMD研究所は、「ライブ配信サービスに関する調査」の結果を発表した。主なライブ配信サービスについて、認知・利用の有無・フォローしているおすすめの配信者などを聞いている。

なおこの調査では、主要ライブ配信サービスとして「17Live」「SHOWROOM」「MixChannel」「Live.Me」「Mirrativ」「Pococha」「OPENREC.tv」「SUGAR」「FRESH! LIVE」「Stager Live」(10種)、SNS系ライブ配信サービスとして「YouTube LIVE」「Instagramのライブ配信」「LINE LIVE」(3種)、その他ライブ配信サービスとして「ニコニコ生放送」「ツイキャス」「Twitch」(3種)を採り上げている。

認知度トップは「ニコニコ生放送」、カテゴリ別では「17Live」「YouTube LIVE」も

まず、すべてのサービスを対象に「知っている(聞いたことがある)ライブ配信サービス」を複数回答で聞くと、「ニコニコ生放送」56.1%がトップ。以下「YouTube LIVE」45.9%、「ツイキャス」35.7%、「Instagramのライブ配信」32.3%、「LINE LIVE」30.0%の順となった。

カテゴリごとに区分し性年代別で見ると、主要サービスでは男性・女性ともに認知度上位は「17Live」だったが、女性10代のみ「MixChannel」がもっとも高かった。SNSサービスでも、全体的に「YouTube LIVE」がトップだったが、女性10代・20代は「Instagramのライブ配信」が1位となっており、女性若年層のみ異なる傾向を見せた。その他ライブ配信サービスでは、すべての性年代で「ニコニコ生放送」がトップだった。

ライブ配信サービスの認知

主要サービスの利用、男性は「SHOWROOM」女性は「SUGAR」に人気集中

「ライブ配信サービスを知っている」と回答した人(n=7,117)を対象に、視聴・配信などの利用状況(単数回答)を聞いたところ「現在利用している」という回答は、「YouTube LIVE」18.4%、「Instagramのライブ配信」10.0%、「ニコニコ生放送」7.5%が上位となった。ニコニコ生放送は知名度の割に利用率が低い。

さらに、ライブ配信サービスを現在利用している人(n=2,159)に対象を絞って、「もっとも利用しているライブ配信サービス」を聞くと、「YouTube LIVE」40.4%、「Instagramのライブ配信」19.2%、「ニコニコ生放送」10.7%だった。

カテゴリ別に性年代別で見ると、主要サービスでは男性の利用率トップは「SHOWROOM」、50代のみ「17Live」だったが、女性はすべての年代で「SUGAR」が最多だった。SUGARは「有名人とテレビ電話(できるかもしれない)」ことをセールスポイントとしているが、お勧め配信者で1位となった「佐藤健(俳優)」が参加しており、これが女性人気につながっていると思われる。

調査概要

  • 【調査対象】15歳~59歳のスマートフォンを所有する男女
  • 【調査方法】インターネット調査(コロプラ「スマートアンサー」を使っての共同調査)
  • 【調査期間】2020年1月27日~30日
  • 【有効回答数】9,430人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]