ウェブレッジ、スマホアプリの品質向上を支援するクラウド型ユーザーテストサービスの提供開始

アプリやWebサイトに対するサービス改善要望や不具合を「ユーザー視点」で抽出

マーケティング支援のウェブレッジは、スマートフォンアプリやWebサイトをユーザー視点で品質向上支援するクラウド型テストサービスを6月7日に開始する、と6月5日発表した。サービスは、クラウドソーシングの仕組みとウェブレッジが培ってきたユーザー導線網羅率の独自ノウハウを活用することで、スマートフォンアプリやWebサイトに対するサービス改善要望や不具合を「ユーザー視点」で抽出するという。

クラウド型テストサービスは、100~200人のユーザーがテストすることで、多くの視点での改善要望や不具合を抽出する。ユーザビリティテストをしながら、不具合を検出できる。実際のユーザーが使う多様な端末と通信環境で発生する不具合を検出する。サービス開始から5年間、クラウドテスターとして活動したユーザーがテストするので安心できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]