PR TIMES、日本企業のリリースを多言語で発信するメディア「PR TIMES.COM」開設

中国語繁体字、中国語簡体字、英語の3言語で展開し、今後も対応言語を充実
よろしければこちらもご覧ください

リリース配信サービスのPR TIMESは、同社が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」に集まる企業情報から、訪日外国人旅行者向けの観光情報や、海外でも利用できるサービスやコンテンツを日本語以外の言語でニュース記事調に編集した多言語コンテンツメディア「PR TIMES.COM」を解説した、と5月31日発表した.現在は台湾・香港向けの中国語繁体字、中国本土向けの中国語簡体字、英語圏の向けの英語の3言語で展開しており、今後も対応言語を充実する。また、海外向け情報メディアへの記事提供も行うという。

インバウンド需要は高まり続けており、訪日外国人に向けた情報発信・コミュニケーションが必要となっている。また、他言語利用者に対し、適切に日本のトレンドを届ける必要が重要となってきた。PR TIMES.COMは、高まるインバウンド需要に対応するために開設した。PR TIMESを利用する企業は、PR TIMES.COMを通じて訪日外国人や海外読者に向けたコミュニケーションが期待できるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]