人工知能チャットボット「AI Messenger」、質問形式でユーザーの課題を解決するシナリオ型応対機能を提供

AIメッセンジャー、チャットボットでユーザーの疑問や課題解決をサポート

インターネット広告のサイバーエージェントは、連結子会社であるAIメッセンジャーにおいて、シナリオ型応対のチャットボット「AI Messenger」を提供開始した、と6月2日発表した。AI Messengerは人工知能を活用したチャットプラットフォームで、シナリオ型応対とは、チャットボットが提示する質問項目をユーザーが選択していくことで、ユーザーの疑問や課題の解決をサポートする機能となる。

AI Messengerでは、従来からユーザーが入力したテキストに対して応答する機能を提供してきたが、今後はシナリオ型応対を加えた2つの方式をハイブリッドに用いた応対をすることが可能になった。回答後にユーザーから質問に解決できているかの確認、チャットボットとユーザーの会話が食い違っているとシステムが判断すると、チャットオペレーターによる応対へと切り替えることも可能。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]