さくらインターネットとモリサワが協業、レンタルサーバーでWebフォントを無料提供

WordPress利用の際、モリサワの「TypeSquare」の書体から30を追加料金なしで利用可能

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットとデジタルフォントや組版用ソフトウェアのモリサワは、協業して「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モリサワのWebフォント提供を開始する、と6月29日発表した。協業により、「さくらのレンタルサーバ」でWordPressを利用する際、モリサワのWebフォントサービス「TypeSquare」で提供中の書体から、30の書体を追加料金なしで利用することができる。

さくらインターネットとモリサワの協業により、さくらのレンタルサーバを申し込んだ際の「初期ドメイン」や、60種類から選べる「さくらのサブドメイン」、また自身で取得した「独自ドメイン」のいずれかに対し月間2.5万PVまで配信できるため、中小規模のWebサイトであれば十分実用になる。7月27日には、Web制作者を対象としたイベントの開催を予定しているという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]