スマホ利用人口は5,000万人へ、500万人超のサービスはPCの2倍、ニールセン「Digital Trends 2015」

スマホからインターネットを利用した利用人口は、2年前の同時期と比較して1.5倍に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetViewとPC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewのデータを基に、2015年の消費者のデバイス利用状況、属性別の利用サービスの違いをまとめたレポート「Digital Trends 2015」を4月8日公開した。レポートによると、2015年7月~9月にスマートフォンからインターネットを利用した3ヵ月平均の利用人口は5080万人と、2年前の同時期と比較して1.5倍に伸びていることが分かった。スマートフォンからの利用者別のサイト数をみると、利用者数が500万人以上のサイトはPCで42サイトだったのに対し、スマートフォンでは104サイトとPCの2.5倍だった。Nielsen Mobile NetViewは日本全国の7000人(iOS、Android各3500人)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を基に作成、Nielsen NetViewは、日本全国に4万人以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告している。

スマートフォン利用者数の増加率をみると、2013年は平均10%前後で推移していたのに対し、2015年の7月~9月では4%と鈍化していた。デバイスごとのインターネット利用人口を年代別にみると、2015年9月では44歳以下ではスマートフォンからのインターネット利用人数がPCより多かったのに対し、45歳以上ではPCからのインターネット利用者のほうが多くなっていた。また、2015年9月では、利用者数が100万人を超えるサイトはPCの場合前年同月比で26サイト減少していたのに対し、スマートフォンでは93サイト増加していることが分かった。ニールセンのアナリストは、「今後スマートフォンのサービスで利用者を伸ばすには、45歳以上の中高年など新しくスマートフォンを利用し始める層をどう取り込んでいくのかという点も考える必要が出てくる」としている。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

Digital Trends 2015
http://www.nielsen.com/jp/ja/insights/reports/nielsen-digital-trends-201...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス