IPA、情報セキュリティに関する状況をまとめた「情報セキュリティ白書2013」を発行

企業のシステム開発者や運用者を対象に現状と今後の対策に役立つ情報を提供
よろしければこちらもご覧ください

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティに関するできごとやインターネットにつながる機器の利用拡大による新たな脅威など、情報セキュリティに関する状況をまとめた「情報セキュリティ白書2013」を9月2日から販売する、と同日発表した。情報セキュリティ白書は、企業のシステム開発者や運用者を対象に情報セキュリティの現状、今後の対策に役立つ情報を提供。同時に一般利用者に対しても情報セキュリティの概観や身近な話題を分かりやすく解説している。

情報セキュリティ白書2013の構成は、序章で2012年度の1年間に起きた情報セキュリティ分野における注目すべき10項目のできごとを概説。続いて国内外における情報セキュリティインシデントの状況、具体的な事例、攻撃の手口を紹介。脆弱性の動向や企業・政府などの情報セキュリティ対策の状況も紹介している。さらに情報セキュリティ対策や関連法の整備状況、人材の現状、国際標準化の動向などを解説し、スマートデバイスや制御システム、自動車、クラウドコンピューティングの情報セキュリティの動向、内部不正防止対策などを取り上げている。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
https://www.ipa.go.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]