アジャイルメディア、発言内容を基に影響力の高い顧客を発見する「アンバサダーリワード」を提供

影響力の有無だけでなく、ブランドへの興味や関心があるかどうかも分析可能

ブログマーケティングのアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、ソーシャルメディアでの過去の発言を基に、企業やブランドへの影響力の高い顧客(アンバサダー)の発見と、対象者にクーポンやデジタルインセンティブを配布するまでを一括で実施できる「アンバサダーリワード」の提供を開始した、と12月11日発表した。単なる影響力だけでなく、過去のソーシャルメディア上の発言を分析することで、ブランドへの興味や関心があるかどうかも分析することができる。

アンバサダーリワードは、AMNが提供する複数のソーシャルメディアを横断し、インパクトの分析が可能な同社のサービス「ユーザーチャート」を利用。ユーザーは「Twitter」または「Facebook」アカウントでログインすると利用が可能になる。企業側は事前に自社製品やブランドに関するキーワードを登録すると、ユーザーがアンバサダーリワードにログインした際、設定したキーワードを過去に発言しているかどうかを分析することが可能になる。また、発見したアンバサダー候補者に、その場でクーポンやデジタルインセンティブを配布する仕組みも実装している。

アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]