アジャイルメディア、ソーシャルメディアユーザーの影響力を可視化する「ユーザーチャート」でAPI提供

分析可能なソーシャルメディアは「Twitter」「Facebook」「mixi」「Google+」とブログ

ブログマーケティングのアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、複数のソーシャルメディアを横断し、ユーザーの影響力を可視化するツール「ユーザーチャート」のAPI(プラットフォーム向けのソフト)による提供を開始した、と6月4日発表した。

API提供の第1弾として、ユーザーローカルの提供する「ソーシャルインサイト」と連携する。

利用企業は自社アカウントのファン個々のソーシャルメディア上での影響力が把握でき、自社製品やブランドを広めてくれる影響力の大きいユーザーを発掘可能になるという。分析可能なソーシャルメディアは「Twitter」「Facebook」「mixi」「Google+」とブログの5種類。

ユーザーチャートは、ソーシャルメディアアカウントを登録すると、AMN独自の評価法を基に各サービスにおけるユーザー個々の影響力を算出。結果はユーザーチャートの「マイページ」に表示し、他の利用者も閲覧できる。複数のソーシャルメディアのアカウントを登録すると、複数のソーシャルメディアを横断した形での影響力も分析する。マイページでは利用者のソーシャルメディア上での過去の発言内容を分析し、各利用者がどのような話題によく言及しているのか、どのような企業、ブランドに関して言及しているのかを解析、表示する機能も実装している。

今回のAPI提供で利用できるデータは次のとおり。
・ユーザーチャートのトータルレベル
・各ソーシャルメディアサービスのレベル
・各ソーシャルメディアサービスのユーザID
・よく言及しているキーワード(※OAuth認証済みのユーザーのデータのみ)
・よく言及しているブランド(※OAuth認証済みのユーザーのデータのみ)
・ユーザーチャートのユーザーのURL

API利用の申し込みは、次のフォームから問い合わせのこと。
https://agilemedia.jp/entry/event_form.php?event_id=518

アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]