グーグル、検索連動型広告アドワーズで商品を効率的に宣伝する「商品リスト広告」が利用可能に

標準のテキスト広告と比べ、商品リスト広告では、ユーザーがクリックする確率が2倍に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/6/6 9:10

グーグルは、検索連動型広告「アドワーズ」で、扱っているすべての商品を効率的に宣伝可能な広告フォーマット「商品リスト広告」が日本国内で利用できるようになった、と6月5日発表した。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでは提供を始めており、標準のテキスト広告と比べ、商品リスト広告では、ユーザーがクリックする確率が2倍に達する、という実績があるという。

商品リスト広告は、キーワードターゲットテキスト広告に商品画像や関連商品が追加できる「商品情報表示オプション」と同様、アドワーズの「商品広告」の一種。ユーザーがサイトにアクセスしなくても商品を表示するため、クリック数の増加や投資収益率の向上につながる。商品リスト広告では個々の商品別にキーワードやテキストを設定する必要がないため、オンラインで商品を販売している企業にとっては、有効な広告となる。

Google AdWords
http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/06/blog-post.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]