アジャイルメディア、5つのソーシャルメディア横断で影響力を診断する「ユーザーチャート」提供開始

各ソーシャルメディアにおけるユーザーの影響力を算出して「マイページ」に表示
よろしければこちらもご覧ください

ブログマーケティングのアジャイルメディア・ネットワークは、5つのソーシャルメディアを横断してユーザーの影響力を測定することができるツール「ユーザーチャート」の提供を4月5日開始した、と同日発表した。対象となるのは「Twitter」「Facebook」「mixi」「Google+」およびブログで、各サービスにおける影響力を算出してユーザーチャートの「マイページ」に表示したり、それを他の利用者に見てもらうことが可能になる。マイページでは利用者のソーシャルメディア上での発言内容を分析し、よく言及する話題や企業、ブランドを分析して表示することも可能。

ユーザーチャートは、各ソーシャルメディアごとに指標を設け、独自の評価法によってレベルを算出する。「Twitter評価指標」は、フォロー数、フォロワー数、直近の投稿数、リストに登録されている数、お気に入りの登録数を測定に用いる。同様に、「Facebook評価指標」は、フレンド数、直近の投稿数、直近の投稿に対する「いいね!」の獲得数、「mixi評価指標」は、フレンド数、直近のmixiボイスの投稿に対する「いいね!」数、「Google+評価指標」は、サークル数、被サークル数、「ブログ評価指標」はブログチャートのレベルを測定に用いる。

アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/

ユーザーチャート
http://userchart.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]