進化が止まらない! 最新ツール

ノーコードでWebサイトが作れる「Canva Webサイト」って何? どんなサイトが作れるのか聞いてみた

「Canva Webサイト」はグラフィックデザインプラットフォーム「Canva」が提供しているサービスだが、どんなサイトが作れて、どんな用途に向いているのかインタビュー。

簡単に画像のデザインができるグラフィックデザインプラットフォーム「Canva」が、Webサイトも作れるツール「Canva Webサイト(Canva Websites)」を2022年9月に開始した。一体「Canva Webサイト」ではどんなサイトを作れるのだろうか?

向いているサイトやまだできないことなど、気になる実態をCanvaのJapan Country Manager 植山周志氏へのメール取材と、WebデザイナーでありCanva Japan認定講師の山本和泉氏にインタビューした。

「Canva Webサイト」ってどんなサービスで、何ができるの?

質問 ①「Canva Webサイト」ってどんなツール?

編集部二村

「Canva Webサイト」ってどんなツールなんでしょうか?

植山さん

「Canva Webサイト」は、無料で使えるWebサイトビルダーです。オリジナルのシングルページWebサイトを直観的かつ簡単に作れます。

山本さん

「Canva」は、ブラウザ上で豊富なテンプレート・写真・イラスト素材を使ってバナーやチラシ、プレゼンスライドを作ったり、デザインしたりすることができるツールです。
そのCanvaで、1ページのWebサイトを作れるのが「Canva Webサイト」なんです。

「Canva Webサイト」の画面
テンプレートが沢山ある

質問 ②「Canva Webサイト」の強みは?

編集部二村

1ページのサイトが作れるツールなんですね。「Canva Webサイト」の強みはなんでしょうか?

植山さん

サービスの強みは豊富な素材をはじめ、いくつかあるので紹介します。

  • カスタマイズ可能なテンプレートとCanvaライブラリ
    数千種類のカスタム可能な無料テンプレートと、数百万点もの写真、グラフィック、要素、フォントなどが揃ったCanvaのライブラリが使用可能

  • レスポンシブデザイン
    作成したWebサイトはモバイル、タブレットに対応。プレビューの確認が可能

  • 無料ドメインと独自ドメイン
    作成したWebサイトに無料でドメインが付属。また、Canvaで独自ドメインを購入して設定もでき、Canva Proにアップグレードすると、すでに自身で取得した独自ドメインとつなぐことも可能

  • ローンチ前にフィードバックが得られる
    デザインに対して直接コメントをつけてフィードバック可能

  • リアルタイムでの共同作業
    Canvaアカウントがあれば、URLを共有した人とあらゆるプラットフォームで共同作業が可能

山本さん

一番の強みは、写真やイラストなど素材数の圧倒的な多さで、他のノーコードでサイトを作れるサービスと比較しても一線を画していると思います。

山本さん: ウェブサイト作りで内容に合った写真やイラスト素材を探すのって本当に大変なんですが、「Canva Webサイト」は欲しい素材が見つけやすいので、文字ばかりのサイトになりづらいんです。

あと、CanvaPro(有料アカウント)だと、自身で取得した独自ドメインの連携ができるのも強みの一つだと思います。他のノーコードのサービスは1サイトごとに有料設定が必要なところが多いですが、CavaProアカウントだったら、独自ドメインを使うための追加料金を支払う必要がありません(2023年4月17日時点)。

写真素材も豊富
図形やグラフィックなども多数ある
無料ドメインとカスタムドメインと独自ドメインが選択可能

質問 ③どんなサイトが作れて、どう使うのに向いてる?

編集部二村

どんなサイトを作って使うのに向いているのでしょうか?

植山さん

アイデアや製品の告知、オンラインプロモーション、イベントの宣伝、チーム内の社内報のようなサイトが向いていると思います。

植山さん: 特に、ビジネスを始めたばかりの起業家にとって、複雑で高価なWebサイトホスティングはハードルが高いので「Canva Webサイト」を活用してほしいです。また、自身の作品や仕事を発信したいコンテンツクリエーターや、フリーランスの人にとっても有用なツールだと考えています。ポートフォリオやリンクインバイオを紹介するシングルページのWebサイトを作り、潜在顧客や既存顧客に自身の仕事をアピールできます。

山本さん

LP(ランディングページ)よりも、キャンペーンで1週間だけ公開するページや、飲食店のメニュー表を二次元コードで読んでスマホで読めるようなサイトを作るのに向いていると思います。

山本さん: テンプレートや素材が豊富でレイアウトも自由にできるので、上で述べたように飲食店のメニューや店内カタログなど、紙ものをブラウザ上で見せるような作り方にはすごく便利だと思います。二次元コードもCanva Webサイトで生成できるので便利ですよ。

二次元コード生成機能

質問 ④「Canva Webサイト」のデメリット、まだできないことは?

編集部二村

デメリットや、「これはまだできない」ということはありますか?

植山さん

現時点では、Canva Webサイトはシングルページ用のホームページビルダーなので、複数ページは作れません。

植山さん: でも、これはCanvaにとってWebサイト構築のための最初の試みにすぎません。ユーザーの声に常に耳を傾け、Webサイトを含むCanvaのユーザー体験を向上させるために取り組んでいきます。

山本さん

実は、「Canva Webサイト」はまだ以下のことができません。

  • Google アナリティクスなど外部サービスを使ってのアクセス解析
  • ページ内にh1など見出しタグの挿入
  • レスポンシブ表示の修正

山本さん: 特にアクセシビリティやSEOの観点で言えば、見出しタグが入れられない点はデメリットですね。でも、最近代替テキストが入れられるようになったので、見出しタグも近々入れられるようになるといいなぁって期待しています。これからどんどん改良されていくと思いますが、現時点ではGoogleと仲良くなるには少し時間がかかると思います。

あとは、テキストの情報量が多いと文字の改行位置や配置が意図しない表示になってしまうことがあるので、細かいレイアウトは注意が必要です。でも、せっかく「Canva Webサイト」を使うなら細かい作業をするのはもったいないと思います。素材が沢山あるので、写真やイラストを多めにしてテキスト量を減らしたシンプルなレイアウトを心がけると上手く作れますよ。

植山さん: Googleと連携してのアクセス解析はまだできませんが、Canva Proをご利用の場合、「Webインサイトツール」というツールでアクセス数やエンゲージメント数などを見ることができます。このツールをトラフィックやトレンドの追跡に役立ててほしいと思っています。

質問 ⑤今後の「Canva Webサイト」への期待は?

編集部二村

Canvaさんは今後の展望を、山本さんは今後期待することを教えてください。

植山さん

現段階では具体的なお知らせはまだありませんが、「Canva Webサイト」にさらに斬新な機能を追加するために常に可能性を探っています。何か新しい情報をお知らせできるようになるのを楽しみにしていてください。

山本さん

つい最近、自由描画ができるようになったり、代替テキストが入れられるようになったりと、改善が進んでいるサービスです。上述しましたが、Googleと連携してのアクセス解析や見出しタグの追加、複数ページが作れるようになるとさらにビジネスに使えるようになるなと思っています。なんといってもCanvaでデザインを作る感覚でWebページを簡単に作れるというのは楽しいので、試してみてほしいです!

代替テキストが入れられるように
自由描画も可能に

―― インタビューへのご協力、ありがとうございました。

現状はシングルページのWebサイト作成が可能な「Canva Webサイト」だが、これから複数ページの作成やGoogleなど外部との連携など、できることが増えていくかもしれない。

用語集
LP / SEO / アクセシビリティ / アクセス解析 / キャンペーン / フィード / リンク / レスポンシブ / 見出しタグ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]