お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

2019年の新社会人のために、今年も「炎上」について書くよ

1回の投稿で人生を棒に振りかねない、それでも繰り返されるソーシャルメディアでの「炎上」にご注意を。

2018年もいろんな炎上騒動がありました……なぜ人は過ちを繰り返すのか。

この記事が“本当に必要な人”に届きますように

毎年この時期になると、「新入社員」あるいは「大学生になって新たにバイトを始めた」というような方に向けて、「ネットでこんなことをやったら、炎上しちゃいますよー」という記事を書いています。

ただ残念なのは、おそらくこの記事を見ているあなた(=企業のWeb担当者の皆様)にとっては、「何をしたら炎上するか」とかは百も承知で、“本当に見てほしい人”(=新社会人など)は、この記事を読んでいないであろうことです。

そこでお願いです。「本当は知っておくべきだが、Web担を読んでいない・読む気もなさそうな方」に、この記事を見せてあげてください。新入社員全員にこの記事のリンクをお送りいただいても良いかと思います。炎上防止の最大かつ唯一の対策は事例を知ることです……。

最近の炎上の傾向、Instagramのストーリーズが契機に

ちょっと前まで、炎上と言えばTwitterの専売特許でした。ソーシャルメディアにバカな投稿をして燃え上がる人のことを指す「バカッター」という言葉も、Twitterをモジったものですね。一方FacebookやInstagramは、芸能人などは除いてユーザーが炎上することは少なく、比較的安全なソーシャルメディアとして認識されてきました。

しかしこの半年ほど、様相は変わってきています。直近でネット上を賑わせた炎上案件は、どれもInstagram、それもストーリーズに投稿されたものです。

炎上について分析する前にまず、Instagramのストーリーズ機能の特徴をおさらいしましょう。

  1. 投稿後24時間で、他のユーザーからは見えなくなる。
  2. Instagramのホーム画面最上部、いわば“一等地”に表示される。
  3. フィードと異なり、比較的クリエイティブの質は重視されておらず、気軽に画像や動画を投稿できる。

このなかで、1. 「アップしてもどうせ消える」、3. 「気軽にアップできる」という印象が、ストーリーズ発端の炎上を加速させていると思われます。「ちょっとぐらいヤバい投稿でも、すぐ消えるからいいっしょ!」というノリなのでしょう。

ところが今は、スマホ画面をそのまま動画保存できる「スクリーンレコード」(画面収録)という機能やサービスが、さまざまな形で提供されています。そのため、「Instagramのストーリーズに投稿された非常識な動画を、スクリーンレコードで他のユーザーが記録し、その動画がTwitter上で拡散され炎上する」という流れが定番になってきています。

大戸屋・くら寿司・セブンイレブンなどが炎上に苦悩

ここ最近、実際に炎上した事例と企業の及ぼした影響を見てみましょう。

大戸屋

大戸屋では、不適切動画の投稿を受け、約300店舗を一斉に休業し再教育を実施したそうです。

くら寿司

くら寿司では、食材を1回ゴミ箱に投げ入れ、それをまな板の上に戻すという動画が従業員によりUPされ炎上。該当する従業員には法的措置も検討されています。

セブンイレブン

セブンイレブンでは、他の店舗からも切実なツイート。軽率な行為がグループ全体に影響を及ぼします。

炎上は一瞬、影響は一生?

巷では「炎上したら一生終わる」とか言われてはいますが、人の噂も75日。案外その後は「以前と変わりなく暮らしているのではないか?」とも思ってましたが、実際はやはりそうではないようです。以下の記事では、個人情報まで拡散し、進学・就職に影響が出た事例が紹介されています。

参照:
10代“バカッター”のその後…就職や進学が困難に「行く先々で“炎上したヤツ”と言われ続けた」 | 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1444370/enjou

まとめ

管理職世代から言わせると「最近の若いモンは……」というところなのかもしれません。ですが、そういう管理職世代のあなたも、自分の若い頃のことを思い出してみてください。

若い頃、こんなのがなくてよかったですよねほんとに。今はそれが顕在化されてしまう環境であるだけなのです。知らずにやっちゃってるだけです。何をしたらダメなのか、伝えてあげる必要があるのです。自分の人生を壊したい人間などいないのですから。

今回紹介した事例以外でも、「店舗が閉鎖される」「不買運動が起こる」「株価が大幅に下がる」など、企業に被害が及ぶ事例が実際に発生しています。そして企業だけではなく、“その人の人生”が狂ってしまうのです。みんな大人なんですから、最低限のルールを守ってソーシャルメディアと付き合いましょう。

田村でした。

「動画マーケティング最前線セミナー ~ブランディングに販促に、効果的な動画活用戦略と事例」を11月26日に開催

株式会社オプトは、「動画マーケティング最前線セミナー ~ブランディングに販促に、効果的な動画活用戦略と事例」を11月26日に開催いたします。

本セミナーでは、グーグル合同会社様、Indeed Japan株式会社様、パナソニック株式会社様にご登壇いただき、YouTube広告の活用事例をはじめ、ターゲットや目的に合わせたプランニングやコンテンツ活用、共感から需要をつくる動画マーケティングまで、さまざまな視点からお話しいただきます。オプトからは、動画市場の最新動向、動画クリエイティブ事例などについてご紹介いたします。また、セミナー終了後には懇親会も設けておりますので、ぜひご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらから↓↓↓↓

詳細:https://www.opt.ne.jp/creative/video_marketing_seminar2019/

<ご注意>
・お申し込みは1社4名様までとさせていただきます。
・お申し込みは勝手ながら11月18日までとさせていただきます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]