はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

写真のノイズやゴミを手軽に除去するソフト「Neat Image v7 Pro」販売開始

粒子、ほこり、ひっかき傷など、さまざまなノイズを簡単操作で自動除去
※「はじめてWEB」は2020年10月13日をもってサービスを終了しました。

商品写真などから、高感度撮影時のノイズだけを除去し、きれいな写真にするソフト「Neat Image v7 Pro」の取り扱いを、フラッシュバックジャパンが3月8日に開始した。

ノイズの除去イメージ(左:除去前、右:除去後)

「Neat Image」(開発:ABSoft社)は、画像のブロックノイズ、グレイン(粒子)、ダスト(ほこり)、スクラッチ(ひっかき傷)といったノイズを、自動除去するアプリケーションソフト。高感度撮影の画像、古い写真をスキャンした画像などのノイズ除去に使われる。

「Neat Image」スタンドアローン版の画面

最新版「Neat Image v7 Pro」は、16bits・32bits/channelのカラーモードをサポートしており、ハイダイナミックレンジの画像データにも対応可能。マルチコアCPU、CUDA、OpenCLなどの最新ハードウェア技術にも対応しており、高速な処理を行える。

ソフトは、Photoshop/Photoshop Elements向けのプラグイン版と、ソフト単体のスタンドアローン版の2種が提供される。

販売価格はプラグイン版「Neat Image v7 Pro for Photoshop」が1万1,230円(税込)、スタンドアローン版「Neat Image v7 Pro Standalone」が9,930円(税込)。いずれもダウンロード販売。

保存サイズ・形式に制限のあるデモ版も公開されている。なお、開発元のABSoft社サイトでは、「Homeエディション」を購入することも可能(8bits/channelまで、Photoshopアクションは非サポート)。

プラグイン版の動作環境

スタンドアローン版の動作環境

参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

初心者君

そう、写真をISO 1600やISO 3200とかで撮影したら、どうしてもノイズがのって、ざらざらした感じになっちゃうんですよねー。

Web担先生

高感度で撮ると、どうしても色合いやきめの細かさが犠牲になっちゃうからね。

初心者君

でも、こういう便利なものがあるんですねー。

Web担先生

ネットショップの商品写真や利用シーン写真なんかは、できるだけきれいな写真にしたいから、こういうツールを使うといいよね。

初心者君

すごいですねこれ、どうやってノイズを消してるんでしょう?

Web担先生

基本的には「軽くぼかしを入れる」感じのようだね。

初心者君

あら、ぼかしを入れるだけなんだ。

Web担先生

とはいえ、自動的にいい感じにしてくれるし、自分でかなり細かく調整できるから、便利だと思うよ。

初心者君

へー。

Web担先生

うむ。こういう便利ツールをちゃんと使えば、少しずつ仕事のクオリティを上げていけるよね。

初心者君

ですねー。特に女性の写真はキレイにしておかないと、怒られちゃいますからね!

Web担先生

うむ。

※「はじめてWEB」のオリジナル版は掲載を終了しました

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]