国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

制作会社がクライアントのサイトに設置した「Desinged by」リンクは不自然リンクになる危険あり

ページ

よろしければこちらもご覧ください

海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

制作会社がクライアントのサイトに設置した「Desinged by」リンクは不自然リンクになる危険あり
★★★★☆ English Google Webmaster Central office-hours hangout (nofollowを付けること)

ウェブ制作会社が、受注したクライアントのために作成したサイトのフッターに、自社サイトへのリンクを貼ることがある。たとえば「Desinged by SZKウェブ制作会社」のような表示で設置する小さなリンクだ。

だが、こうしたリンクにはnofollowを付けるようにと、グーグルのジョン・ミューラー氏は推奨した。

不自然なリンクという観点から考えるような種類の問題だ。

グーグルの視点から見ると、そのサイトの管理者が自らの意志ではっきりと設置したリンクではない。

フッターにリンクを設置したいなら、nofollowを必ず付けたほうがいい。そうすれば興味を持ったユーザーはクリックできるが、自発的に張られたリンクではないとして私たちにみなされることはない。

また後になってから「グーグルに不自然なリンク集めをやっているとみなされるかもしれない」と心配することもなくなる。

nofollowを付けるのが最も適切なやり方だ。フッターにリンクを設置しなくてもいいなら設置する必要はない。

そのサイト管理者も合意したうえで設置するにしても、私だったら間違いなくnofollowを付ける。

1サイトや2サイトであれば問題視されないであろう。しかし自分が制作したクライアントのウェブサイトすべてのフッターにリンクを設置していたとしたら、かなり高い確率で不自然なリンクとして疑われそうだ。

そのページのトピックとリンク先ページに関連性がなかったり、サイト訪問者にとってそのリンクが何らかの価値を提供するものでなかったりするのであれば、そのリンクにはnofollowを付けておくのが安心だ。

プライバシポリシーや利用規約のページがあると評価が上がるのか?
★★★☆☆ ユーザーには大切だがGooglebotには関係ない (Google Webmaster Central office-hours)

検索結果の品質を評価するために、グーグルが関係者に配布している「検索品質ガイドライン」には、サイトの品質を判断する項目として「プライバシポリシーや利用規約が書かれたページがあるかどうか」のチェックが含まれている(このガイドラインは非公開だがときどき外部に流出する。また、公開用に編集された版ならグーグルは配布している。)

ということは、プライバシポリシーや利用規約のページがあるとグーグルの評価が高まり上位表示に役立つのだろうか?

結論からいうと、そういうことはない。

グーグルのジョン・ミューラー氏は、英語版のウェブマスター向けオフィスアワーで次のようにコメントしている。

そういったページをGooglebotはクロールしインデックスするが、特別扱いすることはない。

他の場所からだれでもコピーできるコンテンツだし、品質が高いことを示す証拠だとは必ずしも限らない。

グーグルの立場からすれば、プライバシポリシーや利用規約は本当には重要なことではない。

ユーザーの立場からすれば、状況によるのではないだろうか。たとえば何かを販売しているのであれば、真っ当なビジネスなのか怪しげなビジネスなのかを知りたいと思うかもしれない。

だがそれはユーザー側の問題だ。Googlebotが利用規約ページを探して、正しく書かれていることを確かめるようなものではない。

プライバシポリシーや利用規約、あるいは運営者情報はそのサイトの信頼度を知る目的では重要だ。しかしそれはユーザー目線での話であって、グーグルの検索アルゴリズムはそこまでは見ないとのことである。

もちろん、「それならば、いらない」と判断するような人はいないとは信じたいが。

SEOエキスパートに聞いた「リンクの否認ツール」都市伝説
★★★★☆ 正しい知識で使うこと (cognitive SEO)

「リンクの否認」ツールについてありがちな都市伝説をSEOエキスパートたちが指摘した。確かにありそうだというものを選び、補足を付けて紹介する。

  • リンクを否認すれば必ず順位が回復する ―― 問題となるリンクをすべて否認できているとは限らない。また否認されるまでにはリンク元ページの再クロールと再インデックス、再処理が必要なので効果が出るまでには長い時間がかかることもある。不正なリンクのおかげで以前は順位が高かったのだとしたら、否認が適用されても元の順位に戻ることはない。

  • リンクの否認ツールは役に立たない ―― 正しく使えば役に立つ。

  • リンクを否認されたサイトは評価を下げられる ―― リンクの否認は他人のサイトの攻撃(ネガティブSEO)には使えない。

  • 否認ファイルはウェブスパムチームのスタッフに読まれる ―― システムで自動処理される。ファイルに書いたコメントをグーグルのスタッフが読むこともない。

  • リンクの否認ツールを使うと、ガイドライン違反リンク獲得を行っていたとグーグルにみなされる ―― 関係ない。ガイドライン違反していなくても、怪しげなリンクを前もって否認できる。

  • いったん否認されれば永続する ―― 否認ファイルに載っている限りは否認されるが、否認ファイルから削除されれば評価の対象に再び戻る。

ハッキングされたサイトをグーグル社員がマンツーマンで手助け
★★☆☆☆ ハッキング対策に力を入れている証拠か (Google Webmaster Help Forum)

ハッキングにやられたサイトを直接グーグルが手助けしてくれることがあるようだ。

ハッキングを受けたサイトの管理者に、回復のために援助するというメールがグーグルの社員から届いたのだ(元のメールは英文)。

送信元: webmaster-central-help@google.com

件名: ハッキングされたサイトに関してグーグルに相談してみてはいかがでしょうか

こんにちは。

私は、グーグルの●●で、ウェブマスターさんを助ける仕事をしています。

グーグルのWebスパムチームは、あなたのサイトがハッキングの被害に遭っていることを確認しました。

ハッキングされたサイトを問題ない状態に戻すのは、場合によっては非常に難しいことです。ですので、その作業で助けが必要なのではないかと思い、こうしてご連絡しています。

すでに行った対応内容を教えていただき、何か助けが必要なことがないか、気軽におたずねください。

●●(ウェブマスター・リレーションズ・スペシャリスト)

メールを受け取った管理者が詐欺メールかと疑ってヘルプフォーラムで相談した。するとそのグーグル社員本人から自分が送ったものだとコメントが返ってきた。

すべてのケースではなく試験的な試みだと推測するが、アドワーズやアドセンスならいざ知らず、検索サービスでグーグル社員がマンツーマンでサポートしてくれるのは、異例だ。それだけ、ハッキング対策にグーグルが力を入れている証拠なのかもしれない。

グーグル主催、「モバイル対応」基礎講座(ただし英語)
★★★☆☆ 全4回シリーズ (Google Webmasters on Google+)

グーグルは、モバイル向けサイトを構築するためのオンライン基礎講座を、中小企業や個人事業主を対象にGoogle+のハングアウトで開催することを予告した。

注目ピックアップでも取り上げた、モバイル対応しているかどうかをランキングシグナルに使用することを受けて、適切なモバイル向けサイトの構築方法を広めることが目的だろう。

全4回シリーズだ。

  1. ツールを学ぶ: PageSpeed Insightsとモバイル フレンドリー テスト、モバイルユーザビリティ[3月13日(金)1:00~1:20
  2. viewportとズーム、プラグインの設定[3月20日(金)1:00~1:20]
  3. ユーザーにフォーカスする: タップターゲットとマージン、フォントサイズ[3月27日(金)1:00~1:20]
  4. リダイレクトとcanonicalの正しい設定[4月3日(金)1:00~1:20]

残念ながら、講座は英語で行われるうえに、どれも日本時間の金曜日の真夜中だ。英語が苦手でないなら録画で試聴するといいだろう(終了後YouTubeにアップロードされる)。

「基礎」なので既知の情報が中心だと思われるが、耳寄りな情報があればこのコーナーで紹介しようと思っている。

SEO JapanSEO Japanの
掲載記事からピックアップ

SEOにおけるコンテンツマーケティングとグーグルのアルゴリズムについての記事を今週はピックアップ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]