衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

eコマーストラッキングコードで収集したデータをレポートで見る

ページ

よろしければこちらもご覧ください

eコマーストラッキングコードで収集したデータをレポートで見る

eコマーストラッキングで収集したデータを見るためのレポートは、[コンバージョン]の[eコマース]配下にあるレポート群である。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[レポート]をクリックする
  2. 画面の左側にあるメニューで、[コンバージョン]をクリックする
  3. メニューが開くので、[eコマース]をクリックする
図2(再掲):[コンバージョン]>[eコマース]メニュー群

たとえば、[コンバージョン]>[eコマース]>[トランザクション]レポートは図4のような形式になっている。

図4:[コンバージョン]>[eコマース]>[トランザクション]レポート

トラッキングコードの項目との対比で言うと、レポート表頭の「トランザクション」というディメンションは、_addTransと_addItemで共通に指定した「トランザクション」に該当する。

「収益」の指標は_addTransの「合計額」に、「税金」の指標は_addTransの「税金」に、「配送」の指標は_addTransの「配送」に、「数量」の指標はこのトランザクションに含まれるすべての_addItemの「数量」の合計に、対応する。

レポートのディメンション名メソッドと対応する変数
トランザクション_addTransと_addItemの「トランザクション」
収益_addTransの「合計額」
税金_addTransの「税金」
配送_addTransの「配送」
数量_addItemの「数量」の合計

また、[コンバージョン]>[eコマース]>[商品の販売状況]レポートでは図5のようになる。

図5:[コンバージョン]>[eコマース]>[商品の販売状況]レポート

図5の商品の販売状況のレポートとトラッキングコードの関係を確認すると、「商品」というディメンションが「商品」名に、「平均数量」の指標が「数量」に、「平均価格」の指標が「単価」に対応し、「商品の収益」は数量×平均価格で算出されている。

図4図5には表示されていないが、「商品のSKU」というディメンションは、_addItemの「商品のSKU」に対応し、「商品カテゴリ」というディメンションは、_addItemの「商品のSKU」に対応している。

レポートの指標名メソッドと対応する変数
数量商品の注文「数量」の総合計
固有の購入数購入回数。たとえば商品を1度に3つ買った場合は1とカウントする
商品の収益商品の総売上
平均価格商品の総売上÷数量
平均数量数量÷固有の購入数

次回はeコマース特有のレポート群について解説する。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]