誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

アクセス解析データから“うちのお客さんはどんな人か”を理解する方法はありませんか?

「ペルソナ(顧客像の仮説)」を作ったのに、想定したような動きが見られない場合は、どうすればいいのか
誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
丸山先生
医者:丸山先生(35歳・男)
当クリニックの代表。
来栖あきら
研修医:来栖あきら(25歳・男)
イケメンの研修医。
綾瀬ゆい
研修医:綾瀬ゆい(25歳・女)
優しい天然ボケの研修医。

ここ「アクセス解析5分クリニック」には、Webサイトについてさまざまな悩みを抱えた患者が、毎日のようにやってくる。研修医の来栖と綾瀬はデコボココンビだが、院長の丸山先生がとにかく名医。たった5分ですべての悩みを解決する!というのだ……。(登場人物紹介を詳しく見る

今回のお悩み
アクセス解析データから“うちのお客さんはどんな人か”を理解する方法はありませんか?

今来ているお客さんは誰?

お客さんのサイトをリニューアルしたんだけど、残念ながら反応が悪いのよ……。

まぁ、よくあるよね。設計が悪かったんじゃない? または、ターゲットの顧客像を正しく理解できていなかったか。

今回「ペルソナ(顧客像の仮説)」まで作ってやったんだけどね。「これはいけるぞ!」って現場は盛り上がっていたのに(涙)。

ペルソナまで作ったなら、まずはそれが合っているか検証したいよね。それに、アクセス解析データを使えば、実際にサイトを訪れている顧客像を調べられるよね。

ペルソナの検証? そんなことができるのですか!?

完璧には無理だけどね。推理ゲームみたいにやっていくんだ。まず、今サイトに来ているお客さんがどんな人か推理してみよう。どんなデータを確認すればいいと思う?

うーん、難しいですね。まずは訪問キーワードでしょうか。検索しているキーワードがわかれば、どんな悩みを持っている人か想像がつきます。

参照元データは? Googleから来ている人は、コンピュータに強いビジネスマンが多そうだよ。

女性なのか男性なのかも知りたいけど、それはちょっと難しそうね。

いや、閲覧しているページに男性向けの記事はない? その閲覧率を計測すれば、ある程度予測がつくかもよ?

閲覧している時間帯はどうかしら? 昼間にスマートフォンからアクセスしているユーザーであれば、主婦や学生が多いのかも知れないわ。

……うん、だいぶ出たね。ちょっとまとめてみよう。

今来ているお客さんを推理するには
  1. 訪問キーワード&参照元から推測する

  2. 見ているコンテンツから推測する

  3. 見ている媒体や時間帯から推測する

他にもあるだろうけど、まずは、この3つを意識しながら、データを見ていくよ。まあ推理だから、他にもいきなり“閃く”かもしれないけど、それはひとまず置いておこう。

① 訪問キーワード&参照元から推測する

じゃぁ推理を始めていくよ。最初は簡単だ。いつもやっている参照元の確認と、キーワードの確認だね。まずはキーワードから。

[トラフィック]>[検索]>[オーガニック検索]を実行する
[トラフィック]>[検索]>[オーガニック検索]を実行する

大枠SEOの狙い通りですね。想定どおりのユーザーが訪問しています。

直帰率などには問題がないかな? 直帰率から初期想定とのずれを推理しよう。前回の記事「直帰率が高いのはなぜ? 3つの原因パターンとデータ確認の方法」も参考にしてほしい。

サイト全体でみても50%弱なので、平均以下ですね。

じゃぁSEOでの集客は想定どおりだと言えそうだね。では次に参照元を見てみよう。

[トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]を確認
[トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]を確認

グーグル検索からの訪問の方が多いですね。でもヤフー検索からもあります。

おっと早計は禁物。スマホとPCは別に確認しておいたほうがいいよ。

スマホと別々にですか?

パソコンからだとグーグル検索とヤフー検索の参照元比率は5:5くらいだね(執筆時の場合)。でもスマホは、標準でグーグル検索の端末が多いから、参照元比率は6:3くらいでグーグルが多くなるのが普通だ。

どうやって別々に確認するのですか?

いろいろ方法はあるのだけど、今回はアドバンスセグメントで「モバイルトラフィック」にチェックを入れてみよう。スマホだけではなくiPadなどのタブレットも入ってしまうが、大筋の傾向がつかめる。

[アドバンスセグメント]>[モバイルトラフィック]にチェックを入れる

意外とヤフーからも多かったのですね……。

いろいろわかってきたね。ところでモバイルのOSは調べたかな?

[ユーザー]>[モバイル]>[デバイス]で「オペレーティングシステム」のタブを選択

こちらは、iOSユーザーが多いですね。

日本は6:3くらいでiOSが多い。それを前提にユーザー像を推測しよう。

なんだか本当に推理ゲームみたいですね。楽しくなってきました。

一般的な統計データとの差異を意識すると、自社サイトの特性が見えてくるよ。とはいえ、あまりおもしろがって見ていくと、必要ないデータまで見てしまう。それはそれで価値はあるけど、ペルソナの検証目的とずれるし、なかなか終わらないから次へ進もう。

② 見ているコンテンツから推測する

男性向けコンテンツを読んでいる人は何人いるのか? いつも見ているコンテンツレポートを確認しよう。

[コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]を確認する
[コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]を確認する

えっと、ところで、どういったコンテンツが「男性向け」ということになりますか? ペルソナが女性だったので、そもそも、特に男性向けのコンテンツはないのです。

男性向け記事を新規作成して、その閲覧率を見るという手はどうでしょうか?

良いアイデアだね。実際に行うこともあるよ。今回は男性向けコンテンツはまだ無いので、よく読まれているコンテンツから「ユーザーの興味」を推理することになるね。では、最後の推理に進もう。

③ 見ている媒体や時間帯から推測する

さぁ最後だ。媒体はさっきやったので、時間帯だね。

[時間帯]を選択する
[時間帯]を選択する

時間帯を選択したら、意味がわからないデータになったのですが。

集計期間の日数分(たとえば1か月分)だけギザギザに表示されてしまうんだ。これを集計するにはエクセルにデータをアウトプットすればよいのだけど、画面上でさっと見たいなら、1日だけ表示させればいい。

日付範囲を1日だけにして、「時間帯」を選択
日付範囲を1日だけにして、「時間帯」を選択

うちはお昼以降のアクセスが多いようですね。

時間別のデータはカスタムレポートとして作れば集計できるので、時間別と曜日別のデータ表のGoogleアナリティクス用カスタムレポートを作って調べてみるのもいいね。

まとめ

ペルソナを作ってWEBサイトをリニューアルしたものの、反応が悪いことはよくある。その場合「ペルソナが本当に正しかったのか?」をデータから推測していくことができる。ぜひ検証をしてみてほしい。

ところで「ペルソナ」はどこまで重要だろうか? クリエイティブを行う際にはペルソナは便利だが、いったんサイトを稼働させてしまえば、「目の前の事実」を受け入れることが重要になってくる。サイトで反応率を上げるには、結局、目の前にいるお客さんに対し、自分たちができることをするだけだ。

そのためには、お客さんとコミュニケーションをとり、より深く理解することが大切だ。

来栖くんが「男性向けコンテンツを作っては?」と指摘したように、理解するためのアイデアが浮かぶこともあれば、もっとシンプルに「実際にお客さんに会う」などのアイデアが浮かぶこともあるだろう。アクセス解析とは、結局「お客さんとのコミュニケーションの一環」であると捉えれば、きっともう一歩上の活用術が思い浮かぶだろう。

今日の処方箋

お悩みアクセス解析データから“うちのお客さんはどんな人か”を理解する方法はありませんか?

アドバイス今サイトに訪問してくるお客さんを推測する方法は、以下の3つが主なものです。それぞれ確認してみましょう。

今来ているお客さんを推理するには
  1. 訪問キーワード&参照元から推測する

  2. 見ているコンテンツから推測する

  3. 見ている媒体や時間帯から推測する

  1. 12【2分】 訪問キーワード&参照元から推測する

    1.まずアドバンスセグメントで「すべての訪問」と「モバイルトラフィック」にチェックを入れます。

    [アドバンスセグメント]>[モバイルトラフィック]にチェックを入れる

    次にキーワードを確認します。

    [トラフィック]>[検索]>[オーガニック検索]を実行する

    次に参照元を確認します。

    [トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]を確認
  2. 34【2分】 見ているコンテンツから推測する
    [コンテンツ]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]を確認する
  3. 5【1分】 見ている媒体や時間帯から推測する

    今回は時間帯を確認してみましょう。

    日付範囲を1日だけにして、「時間帯」を選択
    日付範囲を1日だけにして、「時間帯」を選択

    どんな人がアクセスしているのか、推測してみましょう。何か思いつくことはありますか? もっと長い期間で調べるには、時間別と曜日別のデータ表のGoogleアナリティクス用カスタムレポートを使うといいでしょう。

※キャラクターイラスト(来栖、綾瀬):「コミPo!」にて制作

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]