衣袋宏美のデータハックス

ふつうの企業サイトの解析レポート作り方マニュアル [アクセス解析tips]

一般企業サイトの定期アクセス解析レポートで、取り上げるべき指標を解説
衣袋宏美のデータハックス

一般企業サイトの各種機能

一般企業サイトは、さまざまな目的を持ったコンテンツが集合しているのがふつうで、これまで4回にわたって説明してきた4つのタイプ、

のいくつかの機能を含めている場合も多い。このような、いくつかの目的が複合したサイトでは、まず単純にコンテンツの担当部門別に分けてみることから始めよう。

企業サイトのコンテンツの種類
  • 企業/事業紹介
  • ニュースリリース/プレスリリース
  • 商品・サービス紹介(ブランドサイト)
  • IR情報(投資家とのコミュニケーション)
  • 人材募集
  • ブログ、Twitter(ユーザとのコミュニケーション)
  • 広告/宣伝(外部サイトとのタイアップ、自社サイトでのキャンペーン)

一般に、ある程度の規模以上の企業になると、こういったコンテンツが提供されている。コンテンツと担当部署という視点でこれを展開してみると、たとえば次のように関連付けされることになるだろう。

広報部、経理部/財務部、人事部、広告部/宣伝部、各事業部
図1 コンテンツと担当部署の関連付け

上図のように分けるべきだという意味ではなく、「コンテンツ作成責任部門が、そのコンテンツの数字を見るべき」という単純な話なるので、各社の体制にあった分け方をしてほしい。

各コンテンツごとの目標と管理指標の例

むしろ問題なのは、各コンテンツの成果目標を数値化しにくいことだろう。ECのような、事業の売上に直結するような目標はないかもしれないが、それぞれのコンテンツ(部署)で、何を成果指標とするのかは決めておくべきだ。

例として、コンテンツ別に、目標と管理指標を以下にピックアップしてみた。一例に過ぎないので、これは考えるきっかけ程度にして、自分の扱っているコンテンツの特性に合わせて、作ってみてほしい。下の各図の左側は、部署ごとのコンテンツが目指す目標を一言でまとめたもので、これを定性的に記述したものだ。一方、右側はその目標がどれぐらい達成されているかを計るための指標群の一例である。過去4回の記事のように要素分解をせず、いきなり指標を列挙していることはご容赦いただきたい。

優秀な人材の確保=ユニーク訪問者数、タイアップサイトからの訪問者数、応募者数・登録者数(コンバージョン数)、問い合わせ件数1人あたりの訪問回数(分布)、1訪問あたりのPV数、閲覧コンテンツ上位
図2 人材募集コンテンツの目標とレポート指標群
業績の正しい理解=ユニーク訪問者数、情報提供サイトからの訪問者数、IRデータ(PDF)のダウンロード数、1訪問あたりのPV数(分布)、閲覧コンテンツ上位
図3 IR情報の目標とレポート指標群
企業活動の正しい理解=ユニーク訪問者数、閲覧コンテンツ上位
図4 企業/事業紹介コンテンツの目標とレポート指標群
企業イメージの向上=ユニーク訪問者数、情報提供サイトからの訪問者数、検索エンジンからの訪問者数、Twitterなど関連告知からの訪問者数、個々のリリースのPV数、個々のリリースの直帰率(関連情報への回遊率)、訪問頻度(企業ブログ)
図5 ニュースリリース/プレスリリース、企業ブログの目標とレポート指標群
新商品の紹介と理解=ユニーク訪問者数、各集客先からの訪問者数、応募数・登録数(コンバージョン数・率)、直帰率(関連情報への回遊率)
図6 キャンペーンの目標とレポート指標群
商品の正しい理解、ファンの育成=ユニーク訪問者数、新規訪問者の割合、流入タイプ別の訪問者数/直帰率、商品詳細ページ閲覧率、商品詳細ページを一定ページ数以上見た閲覧者割合、メルマガ登録率(登録フォーム完了率)、訪問頻度(ブランドブログ)、直帰率(ブランドブログ)
図7 ブランドサイト/ブログの目標とレポート指標群

レポート指標として、どの目標に対しても「ユニーク訪問者数」を最初に挙げているにに気がついただろうか。これは、量と質の面で分解し、量の視点でまずは多くの人に来てもらうということが重要だと考えたからである。あとは質の部分をどういう指標で定量化して見ていくかというポイントで選択してみた。

それぞれに対するレポート指標に何を選択したらよいのかは、今までの考え方をヒントにして各自で構築していってもらいたい。レポート頻度は四半期か月次程度、マネジメント層へ細かいレポートをする頻度は少なくてよいだろう。

これまで5回にわたって、普段どのような指標によってレポーティングするのかをサイトのタイプ別に解説してきた。これらはあくまで一般論であり、そのサイトの特性や規模、成長のステージによって変化する。しかしながら、追跡していく指標の選択プロセスとしては、自分のサイトに合わせて、目標から何段階かブレークダウンをしていきながら、アクセス解析の指標に結び付けていくという方法を行えば、必ず自分に相応しい指標が見つかるはずだ。ここで説明した例を発展させて自社サイトに応用してほしい。

改めて、5回にわたって解説してきた、サイトの種類ごとのアクセス解析レポート作り方マニュアルを紹介しておく。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet56はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]