コメント投稿

サイズ糟谷です。
そのページ内にアンカーリンクが必要な理由ですが
以下のように考えます。

まず、この機能の目的がページ検索に対しての補助機能であるということ。
id/nameを設定してあるページに対してそこへのアンカーリンクは
googleが自動生成して表示することは可能ですが
そのid/nameが本来の見出しとして設定されているものかは機械的に判別がつきません。
ふさわしくないリンクが検索結果に大量発生する可能性があります。

そのサイト内にアンカーリンクがある場合、サイト側が見出しとして使っている可能性が高い、
また、サイト側でアンカーリンクとして使っていないものを検索結果にリンクとして
googleが表示する必要性もないと思われます。

それではページ内ではなくサイト内にあれば良いのではということになりますが
ページ外アンカーリンク、特にサイト外部リンクの場合、ページ間の関連性など
そのリンクの評価を入れなければならなくなります。

そのページ内にアンカーリンクがある場合、そのページのみで
制限と評価が行えるので現時点ではそうしているというのが妥当だと思います。

セマンティックWebへ向けてコンテンツの粒度をページ単位からトピック単位でも
検索できるようにしていく為の現時点ではあくまで補助機能としては十分だと思います。

この件はトピックの分割が目的で分割されたトピックの利用に関しては
リッチスニペットで検索結果をより分かりやすく
http://googlejapan.blogspot.com/2009/11/blog-post_20.html
Microformats あるいは RDFa の議論とした方が望ましいかと思います。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]