Yahoo! JAPANがGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用

ヤフー株式会社は、Yahoo! JAPANにおける検索エンジンと検索連動型広告の配信システムとして、グーグルのシステムを採用し、近々切り替えることを7月27日に発表した。

これにより、Yahoo!検索においても、グーグルのアルゴリズム検索が採用されることになる。採用の内容は次のとおり

  • 検索エンジン
    • ウェブ
    • 画像
    • 動画
    • モバイル
  • 検索連動型広告の配信システム

ヤフーは以前はグーグルの検索エンジンを採用しており、2004年5月に独自のエンジンYSTに切り替えたという経緯があるが、2004年以前の関係に戻ることになる。

切り替えの時期に関しては未定だが、「なるべく早く」とのこと。契約期間は当初2年で、その後も2年ごとの契約更新を予定している。

もちろん、Yahoo! JAPANのポータルサイトとしてのコンテンツやサービスはこれまでと同様に継続され、ウェブ検索などの検索エンジン部分のみが変更される。ヤフーの発表でも「お客様の使い勝手は特に変わりません」とあるように、多くの一般ユーザーは変化に気づかないだろう。しかし、検索マーケティングに携わる人間としては、大きな出来事となる。検索サービス自体はYahoo! JAPANによる運営が続けられるため、今後はYahoo! JAPAN独自のユニバーサル検索などの実装が成される可能性もあるだろう。

検索連動型広告のサービスに関しても、システムとしてはグーグル(アドワーズ広告)のものを採用するが、広告主がキーワードに入札する仕組みや広告の掲載可否や順序の決定の部分となる「マーケットプレイス」はYahoo! JAPAN独自のものとして運営される。

さらに、今回の契約により、Yahoo! JAPANからグーグルに対して、オークションやショッピングなどの日々更新されるデータをグーグルに対して提供することとなる。

追加情報:

・Yahoo! JAPANからのプレスリリース
http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0727a.html

・検索連動型広告「スポンサードサーチ」強化のための広告配信システム変更について (Yahoo!リスティング広告 公式ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/listing_ads/archive/2010/07/27

・Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために(Google Japan Blog)
http://googlejapan.blogspot.com/2010/07/yahoo-japan.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]