コメント投稿

NTT東日本がオンライン試験での不正を防ぐ「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発

イー・コミュニケーションズとの共同開発、同社のオンライン試験不正監視サービスが採用
よろしければこちらもご覧ください

NTT東日本は、オンラインで実施する資格・検定試験での替え玉受験やカンニングを防ぐ仕組み「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発した、と10月5日発表した。資格・検定試験ソリューションを展開するイー・コミュニケーションズとの共同開発となり、同社のオンライン試験不正監視サービス「Remote Testing AIアナリスト(仮称)」が採用した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「新しい生活様式((ニューノーマル)」でオンライン試験が新たな試験方法になると想定される一方、受験者が監視できないため替え玉受験やカンニングなどの不正行為が分からない課題がある。NTT東日本はイー・コミュニケーションズと連携し、オンライン試験が集合形式の試験と同様に運用可能な機能を開発した。

この機能は、人工知能(AI)が人の目線や動きを自動解析し、不正の疑いを検知して確認者に通知する。イー・コミュニケーションズの実績を基に、試験不正時での人間の動きの特徴をAIに学習させる。試験開始後に受験者が交代する替え玉受験▽複数人での受験▽カンニングペーパーの使用▽電話などでの他人からのアドバイス--などの不正が検知できる。

 

挙動検知までの流れ

 

本AIによる挙動検知の仕組み

イー・コミュニケーションズはRemote Testing AIアナリストの利用事前予約を同日始めた。2021年1月の開始を予定する。Remote Testing AIアナリストのサービスは、NTT東日本が販売を請け負うクラウドコンピューティング「Amazon Web Services(AWS)」の環境を生かし、導入から運用まで一括支援する「クラウド導入・運用サービス」に構築している。

 

「Remote Testing AIアナリスト」(仮称)のサービス概要
よろしければこちらもご覧ください
420
420
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル