コメント投稿

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」、ECを含む全業種での広告出稿が可能になったSmartNews Dynamic Adsの提供開始!

2020年7月20日、株式会社フィードフォースが提供するコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」は、ニュースアプリSmartNewsにてダイナミック広告が配信できるSmartNews Dynamic Adsの取り扱いを開始いたしました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年7月20日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」は、スマートニュース株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長 CEO:鈴木 健、以下「スマートニュース」)が運営するニュースアプリSmartNewsにてダイナミック広告が配信できるSmartNews Dynamic Adsの取り扱いを開始いたしました。

SmartNews Dynamic Adsは、2018年からスマートニュースとフィードフォースの協同で特定の業界に絞ってβ版テスト配信をおこなっておりましたが、今回の本ローンチとともにECを含む全業種で広告出稿が可能となります。*1

*1 C2Cサービス、クラウドファンディングサービスについては配信不可となっています。また、SmartNews Dynamic Ads の出稿にはスマートニュース社による審査が必要です。

本プレスリリースの詳細はこちら
https://www.feedforce.jp/release/20978/

SmartNews Dynamic Adsの配信イメージ図

本プレスリリースの詳細はこちら

https://www.feedforce.jp/release/20978/

SmartNews Dynamic Adsについて

SmartNews Dynamic Adsは、ニュースアプリNo.1のシェアを誇るSmartNewsのタイムライン上に、アイテム単位でユーザー1人1人に最適なクリエイティブを配信できる広告メニューです。β版の提供では特定の業界に絞ってテスト配信をしておりましたが、今回新たに業界の縛り無く出稿が可能となっています。

SmartNews Dynamic Adsの実施について

SmartNews Dynamic Adsを出稿する際、SmartNews Dynamic Adsのフォーマットに合わせたデータフィード構築・最適化が必要になります。コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」では、広告運用からデータフィードの最適化、タグ・パラメータ設計まで一気通貫で企画・運用し、SmartNews Dynamic Adsの成果最大化を実現します。

SmartNews Dynamic Adsの実施に関するお問い合わせは、下記URLよりお問い合わせください。

・Feedmatic お問い合わせ :https://jp.feedmatic.net/contact
※広告掲載にあたって審査がございます。予めご了承ください。

Feedmaticでは今後も、EC、人材、不動産業界などの幅広い業界の広告運用において蓄積してきたデータフィード広告運用実績やノウハウ、技術力を活かしながら、データフィード広告の効果を最大限発揮する最新機能を積極的に取り入れ、広告効果の向上に努めてまいります。

SmartNews Dynamic Ads(SmartNewsダイナミック広告)に関するウェビナーのお知らせ

個別ウェビナー:「最新の広告手法!SmartNewsダイナミック広告の魅力を徹底解説」

本ウェビナーでは、SmartNewsダイナミック広告の概要ならびに特徴や、現在までの活用事例・効果数値をご紹介します!個別ウェビナー形式での開催となり、貴社のご状況に合わせて解説いたします。ぜひお気軽にお申込みください。

▶︎個別ウェビナーのお申込みはこちら:https://jp.feedmatic.net/seminar/smartnews

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、フィードフォースが各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、機械学習による効果最大化を前提とした広告運用の企画・設計・運用を行うサービスです。EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を中心に、広告運用及び企業内でのインハウスの広告運用支援を行っています。
サービスサイト:https://jp.feedmatic.net/
Feedmaticブログ:https://blog.feedmatic.net/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社フィードフォース 
担当:宮崎
TEL:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]