コメント投稿

いつも興味深くWeb担当者Forumの記事を拝読しております。
記事の内容は特に難易度の高いものではなく、情報として大変参考になるのですが…
海外の記事の翻訳の仕方について、いつもその日本語表現に疑問を感じています。
たとえば、当記事内で非常に目に付いた表現をリストアップしてみると…

~と思ってね。
うまくいきっこない
~なっているんだ。
~ことができたんだ。
~においてはね。
僕は驚きはしない。

海外ドラマの俳優の台詞でもあるまいし、わざわざこんな表現を用いることはありませんし、大変読みづらいだけでなく、せっかくの記事が軽薄なものになりさがってしまうと危惧する読者も多いと存じます。
翻訳を担当されている株式会社ガリレオ様には、ぜひとも善処くださいますよう、切に希望します。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]