コメント投稿

リボルバー、メディア開発ツール「dino」のオーディエンスデータを活用したトレーディングデスク提供開始

dinoを活用するメディアのデータなどで最適なコンテンツ制作と広告配信が提案可能に
よろしければこちらもご覧ください

オウンドメディア構築のリボルバーは、同社が提供しているメディア開発ツール「dino」を活用するメディアのオーディエンスデータを活用したパブリッシャートレーディングデスク(自社のオーディエンスデータを利用して主に他媒体の在庫への広告配信を行うサービス)「dPTD(dino Publisher Trading Desk)」の提供を7月3日から開始する、と同日発表した。dPTDはdinoを活用するメディアのデータやDAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)のDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」によって正確なユーザーセグメントを設定し、最適なコンテンツ制作と広告配信が提案可能となる。

リボルバーではdinoを活用してコンテンツを制作するメディアとのパートナーシップにより、dPTDで解析したターゲットユーザーの属性や趣味嗜好に基づくスポンサードコンテンツの制作を一括管理することができる。例えば、20代で自動車に興味のあるオーディエンスに対し、好反応を獲得できそうなクリエイティブを設計し、動画などのコンテンツを制作。そのコンテンツを、dino利用メディア上や、外部メディアに広告として配信することも可能になるという。

よろしければこちらもご覧ください
960
960
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル