ブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」がDACのDMP「AudienceOne」と連携強化

AudienceOneのオーディエンスデータがRtoasterで活用、外部サイトの顧客行動を分析
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングサービスのブレインパッドは、同社が展開するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)「Rtoaster(アールトースター)」と、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)のDMP「AudienceOne(オーディエンスワン)」とのデータ連携を強化した、と11月16日発表した。AudienceOneに蓄積されたオーディエンスデータ(広告対象ユーザーのウェブサイト上の行動データ)を「Rtoaster」で活用できるようにした。自社のデータだけでは不足する部分を外部データで補いたいとするニーズに応えた。

プライベートDMPは企業が保有するデータの蓄積システムを指す。自社のデータやオウンドメディア(自社所有ウェブサイト)を活用したマーケティングが改めて重視される中、RtoasterとAudienceOnの連携強化で自社と外部サイトでの顧客の行動が分析でき、顧客を深く理解したうえでRtoasterによる多彩なマーケティング行動が可能になる。Rtoasterはウェブサイトやアプリから取得するデータ、企業のCRM(顧客関係管理)データ、オフラインやソーシャルのデータなどさまざまなデータを蓄積。AudienceOneは膨大なデータを解析して高精度なオーディエンスデータを生成・提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]