DACとアイメディアドライブ、ビッグデータのマネジメントプラットフォーム「AudienceOne」を提供開始

広告主やメディア、ECサイトが保有する大量のオーディエンスデータを活用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と同社の子会社であるアイメディアドライブは、自社メディアや第三者からの提供データなどのオーディエンスデータ(Cookie情報)を利用し、さまざまなターゲティング配信を可能にするデータマネジメントプラットフォーム(DMP)である「AudienceOne」の提供を4月1日開始した、と同日発表した。クラウドコンピューティングやデータストレージの容量拡大により、大量データの蓄積や分析が可能となり、広告主やメディア、ECサイトが保有する大量のオーディエンスデータ(ビッグデータ)を活用するAudienceOneを提供することになった。

AudienceOneには、「自社サイト訪問ユーザーのデモグラフィック情報を可視化する機能」「特定のオーディエンスセグメントと類似しているデータを解析し、拡張する機能」「ユーザーのサイト閲覧や検索などの行動情報から興味関心を分析する機能」「サイト内にあるタグの一元管理を行う機能」「AudienceOne利用ユーザー間でオーディエンスデータを共有する機能」「自社が保有する顧客情報やソーシャルメディア情報と連携する機能」「第三者のデータと自社データを統合し、詳細なデータ分析、利用を可能にする機能」の7つの特徴がある。また、情報の管理は従来のようにExcelなどではなく、AudienceOneの画面上で行うことができるという。

DAC
http://www.dac.co.jp/

アイメディアドライブ
http://i-mdrive.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]