リボルバーが6つのWebマガジンを創刊、メディアビジネス事業へ参入しネイティブ広告を6月展開

6月までにネイティブ広告ネットワークを構築する
よろしければこちらもご覧ください

オウンドメディア構築プラットフォームのリボルバーは、新たに6つのWebマガジンを創刊し、メディアビジネス事業に参入した。

今回立ち上げたのは次の6メディア。

2月6日創刊
  • dino network
    オトナのためのラグジュアリーマガジン、ITジャーナリストの林信行氏が主幹
  • Singles!!
    働く女性をターゲットに1人で過ごす、おひとりさま時間の楽しみ方を提案
  • LAWRENCE
    バイクのある生活を豊かにするライフスタイル情報を提供
2月10日創刊
  • snapshot.tokyo
    東京のシーンを切り取りとった写真中心のWebマガジン、ITジャーナリストの林信行氏が主幹、
  • cinefil
    映画業界人や評論家によるキュレーションメディア、映画評論家 園田恵子氏が主幹
  • カワコレメディア
    読者モデルサイト「カワコレ」の登録モデルによるWebマガジン

いずれのメディアも、2015年6月の同社決算月までに月間1,000万PV、月間アクティブユーザー100万人を目指すと同時に、ネイティブ広告の制作体制・ネットワークを構築していく。

リボルバーが展開するメディア事業は大きく3つ、リボルバーの独自ブランド・企画の「セルフメディア」(dino network、Singles!!、snapshot.tokyo)、提携企業と共同運営する「コラボレーティブメディア」(LAWRENCE、cinefil、カワコレメディア)、企業向けオウンドメディアを構築する「スポンサードメディア」となる。スポンサードメディアは現在展開中だが、メディア制作のほか、専用アプリの制作、自社サイトに記事を埋め込めるウィジェットの提供などを予定しているという。

すべてのメディアは、リボルバーのメディアエンジン「dino」で構築されており、dino network(dino.vc)上で作られたコンテンツを自動収集し、各編集部によってキュレートされた記事と、オリジナルの記事が掲載される。また、レスポンシブWebデザインに対応し、スクロールによって記事が自動的に読み込まれるオートページング方式を採用。URLをクリックすることなく、雑誌をめくるように次々と記事を読み進め「没入できる」デザイン設計とした。


dino.vc上の一般ユーザー/専門ライターの投稿を収集、テーマごとに取捨選択した記事が各メディアに集約される

リボルバー
http://revolver.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]