翻訳会社アレこれ ~vol.2 翻訳会社選びの落とし穴~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

翻訳会社に限った話ではありませんが、何かしらのサービスを初めて利用するときに、どういった基準で選んでよいか分からず悩むことはよくあることでしょう。

今ではほとんどの翻訳会社が自社のホームページを持っていて、それを見れば大抵のことがわかります。
翻訳会社には得意な領域があり、技術的な専門分野から医学的な分野、法律や公的文書など、それぞれ翻訳会社ごとに強みを持っています。
もし、あなたがこれから依頼しようとしている原稿の内容と照らし合わせて、たとえば、[専門技術翻訳]とWeb上で検索すれば、いくつかの翻訳会社がヒットするでしょうから、そこから実績・料金・スピード、もうちょっと言うとホームページがカッコイイとか、説明手順がわかりやすいとか、一般的な基準で選んでゆけば一丁あがり、まあ、ヘタな翻訳会社にあたることはないでしょう。

でもちょっと待ってください。

もう少し時間をかけて調べてみると、あれ?って不思議に思うことが。。。

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_201708.html
GORIPAKU2069_TP_V

 

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]