Googleがネット広告の安全性に関する報告書「Ads Safety Report 2023年版」を公表

55億件の広告をブロック・削除、生成AIの普及で不正広告が増加、「Gemini」で検知

米国Googleは、インターネット広告の安全性に関する2023年の報告書「Ads Safety Report 2023年版」を3月27日公表した。ポリシーに違反するとして掲載をブロックするか削除した広告は前年から3億件増え、55億件に達した。生成AI(人工知能)の普及で不正広告が増える中、自社の生成AI「Gemini」で検知技術を高めた。

ブロック・削除した55億件の広告のうち最も多かったのは、マルウエア(悪意あるソフト)を含むコンテンツの宣伝など広告ネットワークの不正利用広告で、10億4000万件だった。詐欺行為は2億650万件あり、生成AIによって制作が容易になったディープフェイク(偽画像・偽動画)を使用した新たな不正行為が増加していた。

ポリシー違反で停止した広告主アカウントは前年のほぼ2倍にあたる1270万件。不適切なコンテンツを含んでいるとして21億を超えるサイト運営者のページで広告の配信をブロックするか制限した。継続的な違反や重大な違反への取り組みも強め、39万5000を超えるサイト運営者に、サイト全体に対する広範な措置を取った。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]