ファミリーマート店舗内のデジタルサイネージ「FamilyMartVision」設置店が全国1万店に

1週間に約6400万人に接触可能、広告主のニーズに細かく応えられるようメニューを強化

コンビニエンスストアを展開するファミリーマートは、ファミリーマート店舗内のデジタルサイネージメディア「FamilyMartVision」の設置店が全国47都道府県の計1万店に達した、と3月29日発表した。1万店舗への設置によってFamilyMartVisionは1週間に約6400万人に接触可能なメディアとなり、大きなリーチが確保できるという。

FamilyMartVisionでは、全国配信のほか4つのエリアへの出し分けをメニューにしていたが、地域や立地特性など細分化した単位での配信プランや、AI(人工知能)カメラを使った視認分析を3月にメニュー化した。特定属性の来店客が多い店舗に絞ったターゲット別配信にも対応し、広告主のニーズにきめ細かく応えられるようにした。

ファミリーマートは、消費者のメディア利用形態の多様化を受け、効果的なマーケティング目的に、FamilyMartVisionの設置を進めてきた。ファミリーマートの店舗は全国に約1万6300店あり、来店者は1日約1500万人にのぼる。今後も設置可能な店舗への導入を目指す。FamilyMartVisionは同社が出資するゲート・ワンが運営している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]