「学歴社会」は時代遅れではない…20代の7割以上が学歴を重視【ライボ調べ】

学歴が最も影響する場面は「転職よりも就活時」「書類選考」。

ライボは、「2024年 学歴とキャリアの実態調査」を実施した。学歴とキャリアの関係や学歴社会への価値観などについて、20~50代の社会人男女629人に聞いている。

学歴が最も影響するのは「就活時」の「書類選考」

学歴とキャリアの関係性とその理由

まず、学歴とキャリアの関係があると思うかを聞くと、「関係すると思う」は合計で80.3%にのぼった。理由としては「社会的な信用やステータスが上がるから」が55.4%で最も多かった。

学歴が影響する場面

就活と転職のどちらに学歴が影響すると思うかを聞くと、「就活時」が83.0%で圧倒的。実際に学歴が影響した具体的な場面としては、「書類選考時」が62.2%で最も多く、「面接時」は24.2%と大きく差がついていた。

他人の学歴を意識するか/意識する相手

また、他人の学歴を意識するかを聞くと、「意識する派」「意識しない派」がほぼ半々に。特に意識する相手としては、「同僚」が71.0%と最多となり、ついで「上司」が55.2%、「部下」が49.9%となった。

50代は「学歴社会はもう古い」vs 20代は「まだ必要」

学歴社会の価値観

学歴社会についての価値観を聞くと、「古いと思う」が59.5%にのぼった。年代別で見ると、「古いと思う」が最も多かったのは50代で、年代が上がるほど高い傾向が見られた。

学歴社会の必要性

一方で、学歴社会の必要性を聞くと、「必要だと思う」が66.0%を占めた。年代別では20代の「必要だと思う」が最も多く、年代が上がるにつれてその割合は少なくなるようだった。

学歴社会への賛否とその理由

学歴社会への賛否としては、「賛成」が66.9%で多数派に。賛成した人に理由を聞くと、「業界/職種への適応力の判断材料になるから」が47.3%で最も多く、「自分が学歴のためにがんばった経験があるから」「若手の活躍機会になるから」といった回答も見られた。

調査概要

  • 【調査対象】現在職を持つすべての社会人、JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 【調査条件】全国 / 男女 / 20~50代
  • 【調査期間】2024年1月24日~1月29日
  • 【有効回答数】629人
  • 【調査方法】インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]