2021年最もユーザーが利用していたメディアはYahoo Japan。YouTubeは利用時間で1位に【ニールセン調べ】

YouTubeはGRP(Gross Rating Point:世帯視聴)でも圧倒的1位に。

ニールセン デジタルは、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のデータをもとにした「Tops of 2021: Digital in Japan」を発表した。2021年の日本におけるインターネットサービス(デジタルメディア)の利用について、平均月間リーチ(利用者%)、平均月間GRP(Gross Rating Point:世帯視聴)、平均月間利用時間シェアに基づき、トップ10をランキング化した内容だ。

・関連記事

Yahoo Japanはネット利用者の約7割が利用

まず平均月間リーチ(利用者%)が最も高かったのは「Yahoo Japan」で68.9%が利用していた。以下「Google」65.1%、「LINE」56.8%、「YouTube」56.5%が続く。これらサービスは日本の過半数が利用していることとなる。またシニア世代のデジタル利用拡大により、いまだ利用者数の増加を見せているという。

平均月間GRP(Gross Rating Point:世帯視聴)においては、「YouTube」が37,570%と圧倒的な強さを見せた。平均月間利用時間シェアにおいても、「YouTube」は36.0%に達しており、2位の「LINE」10%の4倍近い利用時間となっている。

「ITビジネス」「女性誌」「新聞社」という種別で、各サイトの平均月間リーチを見ると、ITビジネスでは「Impress Watch」7.7%、女性誌では「Jisin.jp」2.0%、新聞社では「ASAHI SHIMBUN DIGITAL」10.2%がそれぞれ1位だった。なおこれらのジャンルは、35~49歳の層が特に利用しており平均を大きく上回っていた。

調査概要

  • 【調査内容】「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」のデータ(BrandおよびSub-Brandレベルでの集計)
  • 【対象】18歳以上男女(PCとモバイルの重複を除く)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]