動画サービスの月間視聴者数、「TikTok」と「TVer」が前年1.5倍以上に増加【ニールセン調べ】

若年層で「TVer」は女性への、「ABEMA」は男性へのリーチが高い。

ニールセン デジタルは、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のMonthly Totalレポートをもとに、動画ジャンルのサービスの視聴状況を発表した(レシピ動画サービスを除く)。

圧倒的利用者数の「YouTube」だが微減、好調の「TikTok」と「TVer」

2023年9月のMonthly Totalレポートによると、動画ジャンルのサービスで、トータルデジタルの視聴者数がもっとも多かったのは「YouTube」7,273万人だったが、前年同月比では微減。一方2位「TikTok」と3位「TVer」は、前年の1.5倍以上に視聴者数を増やし、「TikTok」は3,168万人、「TVer」は1,785万人が利用していた。4位「ABEMA」も前年1.2倍の1,438万人と手堅く視聴者数を伸ばしている。

次に、利用者数上位5サービスを合計した「ターゲットGRP(TARP:Target Audience Rating Point)」を性年代別で見ると、男性18~34歳がもっとも高く151,928%。男女ともに、若年になるに連れてGRPが高い傾向が見られる。

そこで18~34歳の利用状況をサービスごとに男女別で見ると、女性は男性よりも「TVer」の、男性は女性よりも「ABEMA」のリーチが高かった。

調査概要

  • 【調査内容】「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」のデータ(ブランド、サブブランドレベル)
  • 【対象】PC、モバイル、タブレット、およびCTVなどのデバイスを利用する18歳以上男女(PCとモバイルの重複を除く)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]