認知率ほぼ100%になったYouTube、利用率も6割超え。一方で「投稿もする人」は何%?【ドコモ・モバ研調べ】

YouTubeへの投稿は女性より男性が多い。男性10~30代は約10%が投稿経験あり。
よろしければこちらもご覧ください

NTTドコモ モバイル社会研究所は、「動画サービス利用とYouTube利用動向」について調査した結果を発表した。全国の15~79歳男女(スマホ・ケータイ所有者)8,837名から回答を得ている。

YouTubeが認知率96.9%・利用率65.8%で、動画サービス1位に

まず、YouTube、ニコニコ動画、GYAO!、TVer、ABEMA、LINE LIVEといった動画サービス全般について、認知率と利用率(月1回以上利用)を聞くと、「YouTube」が認知率96.9%・利用率65.8%で、他を大きく上回り1位となった。「ニコニコ動画」は認知率2位(80.4%)ながら利用率4位(8.3%)、逆に「TVer」は認知率4位(67.5%)ながら利用率2位(13.4%)だった。認知率より利用率で各サービスのギャップが目立つ結果となった。

無料動画サービス認知率・利用率調査[調査対象:全国・15~79歳男女・スマホ・ケータイ所有者対象・複数回答・n=8,249]

「YouTube」について、性年代別で認知率・利用率を見ると、15~79歳のどの世代でも9割以上に認知されており、やはり若年層ほど認知率・利用率ともに高かった。もっとも利用率が高いのは、女性10代。男性は全世代で過半数が利用しており、女性も70代を除き、過半数がYouTubeを利用している。

性年代別YouTube利用率[調査対象:全国・15~79歳男女・スマホ・ケータイ所有者対象・複数回答・n=8,249]

さらに投稿率(自分自身で撮影した動画をYouTubeに投稿している人)を見ると、全体の4.8%が投稿経験があった。性年代別では、男性10代がもっとも高く16.4%で、20代男性11.5%がそれに続いた。身の周りの出来事を短尺で投稿するInstagramやTikTokなどに比べ、作り込んだ動画が多いこと、YouTuberが活躍していることなどから、一般人の場合YouTubeへの投稿のハードルは、やや高いようだ。

性年代別YouTube投稿率[調査対象:全国・15~79歳男女・スマホ・ケータイ所有者対象・複数回答・n=7,990]

調査概要

  • 【調査対象】全国15~79歳男女(スマホ・ケータイ所有者)
  • 【調査方法】Web
  • 【調査期間】2021年1月
  • 【有効回答数】8,837(性別・年齢[5歳刻み]、都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]