富士通が「人の流れ」をIoTで可視化、北海道広域で実証実験を開始

観光客などが所有するスマートフォンの固有IDを、データを匿名化した上で収集
Wi-Fiパケットセンサー設置エリア(計40台) 地図:北海道ホームページより引用 
Wi-Fiパケットセンサー
浅草橋観光案内所(小樽運河)
北海道外国人観光案内所(新千歳空港)

富士通は、小樽観光協会や北海道内の複数の観光協会や企業と共同で、北海道後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村、および札幌駅周辺、新千歳空港内の3市6町村において、同社製Wi-Fiパケットセンサーを活用し観光客など人の流れを可視化・分析する実証実験を12月10日より開始する、と同日発表した。

本実証では、北海道後志地方、札幌駅周辺、新千歳空港内の各エリアに設置した計40台のWi-Fiパケットセンサーで、訪れた観光客などが所有するスマートフォンの固有IDを、データを匿名化した上で収集するとともに、収集データをグラフなどで可視化し分析する。

実証実験は12月10日から2020年3月10日まで行われ、各エリアの観光施設や商店街、駅構内、バスターミナルの交通拠点など、観光客が集まる場所にWi-Fiパケットセンサーを計40台設置。各エリアを訪れる観光客などが所有するスマートフォンをはじめとした通信機器から発する固有IDのみをリアルタイムにセンサーで収集。計測に際してはプライバシーポリシーを策定し、収集データを匿名化した上で実施する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]