全国の中高生がアプリの企画・開発力を競う「アプリ甲子園2017」開幕

応募期間は7月1日から8月31日まで、一次・二次選考を勝ち抜いた10組が決勝大会に進出
よろしければこちらもご覧ください

D2Cは、全国の中高生を対象としたアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2017」の参加受付を7月1日に開始した。作品応募期間は7月1日から8月31日まで。

アプリ甲子園は、全国の中高生が開発したiPhone/Android端末に対応するスマートフォン・タブレット端末向けアプリを広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀作品を表彰する。本年度で7回目を迎え、昨年は高校生が開発した認知症患者をターゲットとした介護サポートIoTツール「Find Family」が優勝した。

応募対象は、2016年9月から現在までにリリース(リリース前も含む)された作品。個人のほか、グループでも応募できる。一次選考は作品のキャプチャ動画を用い、二次審査はD2C本社でプレゼンテーションを行う。選考を勝ち抜いた10組が10月15日の決勝大会に進出し、企画力と実装力をもとに最優秀作品を決定する。

決勝大会の様子は、サイバーエージェントの映像配信サービス「FRESH!」で中継される。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCI
人間が使用するための対話型システムのデザイン、評価、実装に関連し、それら周辺の主 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]