全国の中高生がアプリの企画力・開発力を競う「アプリ甲子園2018」開幕

開発部門・アイディア部門で8月31日まで作品を募集する
よろしければこちらもご覧ください

D2Cは、全国の中高生を対象としたスマートデバイスのアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2018」の作品受付を7月1日に開始した。締切は8月31日まで、公式サイトから応募する。

本年度は、新たに「アイディア部門」を新設し、「先生にプレゼントしたいアプリ」をテーマにしたアプリの企画アイディアを募集。これまでの「開発部門」に加えて、優れたアイディアでの応募が可能になった。

アイディア部門の作品には、審査員によって選ばれる「最優秀賞アイディア賞」と、一般投票による「オーディエンス賞」が贈られる。

開発部門の優勝者には、審査員による審査とは別に、総務大臣賞、特別企業賞が贈られる。その他、対象者には各企業が提供する副賞も授与される。

10月14日には、開発部門の一次・二次選考を勝ち抜いたチームの決勝大会プレゼンテーション、アイディア部門各賞の発表を東京のD2C本社ホールで行う。

アイディア部門のテーマは「先生にプレゼントしたいアプリ」
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]