Adobe Analytics Cloudに音声分析機能追加、Amazon Alexaなどの音声データ分析をパーソナライズに活用

音声インターフェースが顧客体験を変化させる可能性があり、音声分析機能を追加
よろしければこちらもご覧ください

アドビは、顧客インテリジェンスエンジンのAdobe Analytics Cloudに、音声分析機能を追加した、と7月4日発表した。ブランド企業はAmazon Alexa、Apple Siri、Googleアシスタントなどの音声データを分析し、パーソナライズした顧客体験を提供することができるという。音声インターフェースは顧客体験に変化をもたらす可能性があることから、音声分析機能を追加することになった。

Adobe Analytics Cloudの音声分析機能は、音声ベースのインターフェースを通じ、パーソナライズした顧客体験を提供し、ブランドロイヤルティを確立する。Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング機能で補完した音声データ分析により、ブランド企業はオーディエンスに対する確実なインサイトやレコメンドを得られると同時に、従来は手動で行っていた分析を自動化することができるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]