アドビ、デジタルコンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager 6.5」を発表

様々なデバイスに向けたデジタルコンテンツの配信が可能に

アドビシステムズは、Adobe Experience Cloudに含まれるAdobe Marketing Cloudの一部であるAdobe Experience Managerの最新版「Adobe Experience Manager 6.5」を2月22日発表した。提供は4月を予定している。

今回の機能強化では、Adobe Creative Cloudとの連携や、アドビの人工知能とマシンラーニングのフレームワークであるAdobe Senseiにより、コンテンツの制作ワークフローと配信の効率化を可能にした。また、SPA(Single Page Application)対応などハイブリッドCMSの実現により、様々なデバイスに向けたデジタルコンテンツの配信ができるようになる。

今回強化した主な機能は、「コンテンツの制作・管理ワークフローの効率化」「コンテンツ配信サービスの強化」「AIによるコンテンツ管理の効率化とコンテンツ制作の迅速化」などとなっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]